ヒーローちゃんねる@のいえ
Top

第三次ブームだって第二次と同じく子供中心のブームであって、忘れ去られた作品のようにも思えた

第3次怪獣ブーム その4

22: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 10:30:15.68 ID:PYi4TKI00
タロウとレオのドラマ部分は国際放映系じゃないかな
だから後年、「コメットさん」とコラボ出来た
23: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 12:35:11.41 ID:TTqPgTNj0
日テレの西遊記も制作国際放映で特撮は円谷が下請けだったよね確か
25: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 13:23:49.43 ID:PYi4TKI00
当時は特撮ヒーローを卒業した子供たちが次に嵌るのが刑事ドラマだったな
特撮ヒーローはSFだからいくら頑張っても成れないが、刑事ならなれるって奴かな?
ウルトラ、ライダーを卒業した子供たちは「太陽にほえろ」に(だから1〜2年で若手主役が替わる)
ゴレンジャーを卒業した子供は「大都会」「西部警察」に嵌った感じだった
もう少し上の子供たちは「Gメン75」に嵌ったね
30: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 19:57:22.06 ID:vH/vpWQM0
ワラタw
そんなエピソードが。

しかし番組のジャンルがまるで違うんだから、乗っている顔触れを見ればすぐに判るだろうにな。
それとも朝早くて欠伸を噛み殺しつつよく確認もせずに乗り込んで、座席に腰を降ろしたらあっという間に高イビキだったとかw
31: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 20:40:03.32 ID:eoaadcoSa
俺もうっかりしてたらラガーと二代目はっちゃくの区別はつかないかもしれない
32: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 21:28:47.99 ID:65oyYxCOK
>>30
バスに乗った時、なんか子役が多いなとは思ったらしいが即爆睡してしまって到着後に間違いに気付いたそうだw

>>31
これはまだ太陽に参加して間もない頃のエピソードらしいから渡辺徹がスマートな頃だよ
故に相撲取りみたいな2代目はっちゃくとは間違われないw
ちなみに俺は2代目の主人公を見てはっちゃくを観るのを止めた
33: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 21:41:11.35 ID:bKf/kYq90
>>25
そう言えばこの時代(80年代前半)って、本放送をやりながら
月〜金の夕方に再放送をするというパターンが多かったんだね、
『西部警察』や『特捜最前線』もそうだった。
学校から帰ってよく見てたもんだ。
当時、クラスメイトの一人が「なんの〜ために〜♪」といつも歌ってたんだけど
あれが『大都会』の渡哲也の歌だと知るのは二十年後だったw
35: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/16(月) 22:50:00.45 ID:zLxpMXTK0
>>22
それ間違い。
タロウは「緊急指令10-4・10-10」
レオは「ジャンボーグA」

>>23
? 円谷と東宝映像
? 創英舎。円谷は80を作ってた
37: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/17(火) 04:26:43.29 ID:qBu/D3SyK
>>25
>当時は特撮ヒーローを卒業した子供たちが次に嵌るのが刑事ドラマだったな

でも太陽や特捜はともかく、パート?以降の大都会や西武警察はウルトラシリーズや一部のアニメよりも幼稚に感じたよ
大人向けドラマでも子供向け番組より幼稚な物が沢山あることに気付いた時から人はオタクになる
…と岡田斗司夫が言ってたが同感だ
41: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/20(金) 07:26:50.60 ID:7ffHrHZj0
まさにリアルど真ん中だ。
当時は友達とウルトラ知識の競い合いだった。ケイブン社の「ウルトラマン大百科」という本が欲しくて堪らず、ケイブン社に現金書留送って直接注文したなあ。
47: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/23(月) 10:40:19.91 ID:/F9mOh5vK
>>41
クラスのもっとマニアックで金持ちの子はファンコレを持っていた
自分は何度か借りて熟読したが、そうすると大百科が少々物足りなく感じられてしまった
ただ後に振り返ってみると2期作品のファンコレの方の解説は、1次ブームに洗礼を受けた世代による偏見に満ちていたな
そういう点では大百科は良い意味で程好く子供向けのマニアックさだったし、素晴らしい良本だったと思う
再放送期間中も「次はこの話か」とか思いながらワクワクしながら毎日毎日読んでたわw
48: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/23(月) 12:54:06.36 ID:djCH+upM0
>>37
後期の必殺なんてはっきり言ってウルトラマンタロウ以下です。
49: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/23(月) 22:03:11.04 ID:DmSR4K+j0
>>47
ファンコレって何だ?
と思って検索したが、これかあ。
ファンコレって名前知らなかっただけで、覚えてるわ。ちょっと大人向けの本だよね。
ほしくても買えなかったなあ。
56: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/25(水) 11:49:32.87 ID:rZt+F40X0
これはアニメファンでも誤解している人多いけど、
ガッチャマンというのはあくまでリーダー・大鷲のケンへの称号であり、科学忍者隊の別名ではないよ
ウィキにも書いているから確認してみてください
ガッチャマンは70年代は通算3作作られたけど、主役側のキャラクターが一緒だったので長続きしなかったんだと思う
ウルトラ、ライダー、ガンダムみたいに代替わりするなら別だが・・・
59: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/25(水) 15:21:22.49 ID:Urv40xew0
ガッチャマン、3部作も出来たってことは少なくても2部作目までは視聴率が良かった明かし。
でも、映画はコケたんだよね。ゆえにアニメブームを代表する作品にはならなかった。
60: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/25(水) 15:45:50.58 ID:zRkFUCivK
>>56
それEDのクレジット見たら普通にわかると思うけど
アンダーソン長官ら登場人物もケンにしかガッチャマンとは言わないしさ


>>59
ブーム作品にはならなかったし当時幼児だった自分もマジンガーの方がはるかに好きだった
でも後になって見直してみると作画レベル、設定&ストーリー、メカや小道具のデザインセンスのかっこよさ等、
自分はあまりアニメに詳しくないけど全てガッチャマンの方が上だと思った
担当者が同じだからか背景画なんてガンダムと全然変わらんし、ロボットアニメとしてのマジンガーと同じくらいに
アニメブームに影響は与えてると思う
61: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/25(水) 16:26:53.98 ID:rZt+F40X0
>>60
でも「ガッチャマン2」ではその辺が曖昧になってたんだよね
スタッフ替わったから統一された無かったのもあるかも
月刊OUTのガッチャマン特集でも「5人のガッチャマン」なんて文章あったし
それが「ファイター」になったら旧作のスタッフが戻って来たからか、ケンの事だけ「ガッチャマン」と呼んでいた
ギャラクター(3代目)との空中戦でG1号の動きがおかしいと気付いた攻撃隊長が
「ガッチャマンに攻撃を集中しろ」と言って本当にケンしか攻撃しなかったり、拘りが復活したのは嬉しかった
62: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/25(水) 16:48:02.38 ID:rZt+F40X0
ガッチャマンの話ついでに
フジテレビ的にはガッチャマンは「マイティジャック」の後継作的に考えていた可能性もある
特に「戦え」のミイラとMJ号、ガッチャマンのミイラ巨人とゴッドフェニックスのシーンが良く似てる
「戦え」ではMJではなく、コンクルーダーで戦うのなら対比の矛盾無かったと思うけどな
63: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/25(水) 17:55:57.18 ID:ofc4mr8R0
>>60
逆に普段健としか呼ばない南部博士が盛んにガッチャマンと呼ぶのを見て
この南部博士は偽物だと気付いたエピソードもあったね。

>>62
主題歌バックのミイラのシーン、ミイラがゴッドフェニックスをぶん投げてるように見えるんだよな
69: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/26(木) 09:48:01.79 ID:lgKzVwxz0
「グワン、グワン、グワン・・・・」
キングジョーの作動音をどう表現するかは人によって違うね
戦隊ロボのルーツにも例えられるキングジョー
「ウルトラギャラクシー」におけるゼットンとの頂上対決は見ものだった
でも大物同士故、決着を着けられなかったのは判るよ
70: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/26(木) 09:49:50.21 ID:lgKzVwxz0
>>69
失礼
他のスレに貼りつけるべきだった
でも無関係じゃないからいいか
72: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/26(木) 14:47:35.66 ID:vALziV3iK
>>69
ウルトラマンの声がシュワッチってのはいつ頃から定着したの?
既にリアルタイム放映時から皆そう言ってたの?
87: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/27(金) 15:46:18.03 ID:YSA41Tu+K
上正さんも苦言を呈してたけどテレビ探偵団とかで特撮物のVTR流して笑いを取る風潮が凄く嫌だったなぁ
映像自体は当時としてはなかなか見れないレアな物も出てきたりしただけに尚更「もう少し真面目に取り上げてくれよ」と思った
あとスーパージョッキーで蓮舫がドヤ顔で特撮物をバカにするのにも物凄く腹が立ったな
あの頃から悪口だけは達者だった
90: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/27(金) 21:28:25.25 ID:Gb5/eUYN0
>>87嘘かくな
スーパージョッキー見てたけど特撮番組バカにするコーナーあったけど
バカにしてたののビートたけしで
アシスタントの蓮舫はそのときほとんどしゃべってなかった
92: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/28(土) 00:42:38.69 ID:0hxABx3Z0
>>87
たかがバラエティが特撮バカにするって何様のつもりだって話だよな
当時、自分らはイケてると勘違いしてたんだろうが
今、スーパージョッキーなんて流したら何かが違う感満点だろうよ
逆にこいつ等が馬鹿にしてたジャリ番の方が余程、評価されてるんだよなw
93: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/28(土) 05:52:45.12 ID:KqPXC02bK
>>90
嘘じゃないだろ
勿論たけしがバカにするコメント連発で笑い(全く面白くなかったが)を取ってたけど、蓮舫もそれに一々呼応してたし
VTR流してる間なんてむしろたけしよりはしゃいでツッコミ入れてただろ
あれは本当に胸糞悪くなる番組だったわ

>>92
テレビ探偵団の石ノ森ゲスト回とかよく覚えてるけどさ、原作者がその場にいるのに三宅裕司がライダーやロボ刑やズバットなんかをバカにしまくって
しかも「藤岡弘」と呼び捨てだよ
当時のテレビに持ち上げられてたバカ連中がいかに調子コイてたかがわかるというもんだ
94: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/28(土) 07:05:14.80 ID:oq6YzpcY0
>>93
バカにするっていうかさ。ただのツッコミなんじゃないの?
116: どこの誰かは知らないけれど 2017/01/31(火) 23:26:49.12 ID:1tikLDRv0
>>114-115
それ90年の新春特番でしょ。
録画したのがまだ残ってるから断言できるけど、残念ながらその回ではヒューマンは流れてない。
アイアンキングと対決したのはV3で、V3が勝って3人ライダーと原始タイガーが戦ってるシーンが流れた。
同じコーナーで他にも、
イナズマンvsバンキッド(バンキッドの勝ち)
影の軍団vs猿の軍団(猿の軍団の勝ち)というのがあった。
119: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/01(水) 10:10:39.46 ID:4lh+S5Nyp
>>116
あー、そうだったwいやいや失礼しました。

でもヒューマン絶対に見たよなあ。あのビデオテープが劣化した映像は印象に残ってんだよ。
120: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/02(木) 06:45:54.50 ID:rmSRvStH0
>>119
夢だったんだよ。
121: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/02(木) 08:34:32.91 ID:CSGdGZDbp
>>120
君のつまらん人生をそう思いたい気持ちと同じにしないでくれw
124: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/02(木) 15:22:16.41 ID:N9wrxg9od
>>120が、つまらん人生か、二代目社長とかで楽しい人生かどうなのか知らん
他人だし

でもヒューマンは夢だと思う
高島兄とか言ってるしw
125: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/02(木) 16:14:26.94 ID:CSGdGZDbp
>>124
にしては見たって証言が多々あるんだよなあw

つまらん人生送ってる君にはわからんよw
127: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/02(木) 16:51:22.78 ID:N9wrxg9od
>>125
> にしては見たって証言が多々あるんだよなあw

どこに?2ちゃん?
書くことが、いちいちいい加減すぎる
録画するくらい好きなのに
録画残ってないし!
135: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/03(金) 07:58:35.95 ID:sHuUhz4qK
ビデオデッキ普及はケンちゃんの貢献も大きいらしいね
ちなみにズバットに用心棒役で出てた人が仕掛人で監督もしてたらしいね
138: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/03(金) 15:42:58.23 ID:2PIiL98A0
>>135
ケンちゃんって、ケンちゃんシリーズのこと?
それとも洗濯屋?
139: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/03(金) 16:10:15.84 ID:sHuUhz4qK
>>138
洗濯の方に決まってんじゃんw
当時家電屋がビデオデッキ購入客にオマケとして付けてくれたのが普及に大きく繋がったとか
その洗濯屋を企画監督した人はれっきとした俳優で本物のケンちゃんシリーズにもチョイ役で出てたらしい
ズバットでは確か石森先生ゲストの回に出てる
140: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/03(金) 16:26:03.58 ID:2PIiL98A0
>>139
SANKS
洗濯屋にそんな話があったとは知らなかった
141: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/03(金) 16:31:11.04 ID:swbtHumVp
>>139
アレの抱き合わせ裏ビデオの「コンバット人間狩り」はダイヤジャックそっくりの人が主演だった。つーか、本人?
147: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 10:59:16.95 ID:hQHpnb/40
当時、今のような大型家電店は普及しておらず、街の家電店が頑張っており、商圏広げるために積極的に営業に打って出ていたのてある。
ここには客とパーソナルな付き合いが生まれ、なかには、洗濯ケンチャンを餌に顧客開拓をしたケースもあったかも知れないか、この営業は家族の中に入り込む営業である事から裏ビデオをオマケにする事は簡単とは到底思えない、
ゆえに、洗濯ケンチャンが電器店の販促に利用され、ビデオデッキの普及に貢献したとは到底思えないのである。
148: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 12:06:47.18 ID:yS/pMDQ9K
>>147
>ここには客とパーソナルな付き合いが生まれ


だからこそ店主が客の旦那さんにこっそり「今話題のコレも付けちゃいますよ」とか言って販促するのは十分有り得たと思うけどね
パソコンが普及した際もそうだけど、こうしたツールの普及の陰には必ずエロい心理があるもんなんだよ
149: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 12:13:36.36 ID:UMdlq1Acp
>>148
当時は大型家電店にエロビデオ置いてあって、デッキ買うとサービスで付いてきたよ。

マジな話、エロビデオ見たさにデッキが普及したのは本当の話。

大体ネットにせよ携帯にせよそういうものが広がるのは大体エロ絡みやんw
150: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 12:24:57.24 ID:ZqFIKol20
>>148
あったとしても、非合法の裏ビデオを販促に使うというのはレアケースであろう。
レアケースなものを普及に一役かったという表現はいかがなものか?
さらに当時、一家に1台というような普及時代。リビングに1台の普及期に裏ビデオが販促ツールになりとは考えられない。
151: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 12:42:29.90 ID:UMdlq1Acp
>>150
その裏ビデオが見たくて買う奴がいた以上は一役買ってる。

それから裏ビデオ初期は取り締まりも厳しく無かったから、あんたが思っているより超レアでもない。

そもそも裏ビデオ目的でデッキ買った親父はゴマンといた。事実だから仕方ない。
153: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 13:05:25.20 ID:ZqFIKol20
>>151
整理しよう。
問題は「売る側が販促に洗濯ビデオ使ってビデオデッキが普及したか否かである」
あなたは洗濯ビデオが売られる時の付録の件がどこかに行ってしまっていますよw
154: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 13:21:09.03 ID:UMdlq1Acp
>>153
めんどくせえなあw

当時、洗濯屋ケンちゃん知らん大人がいないくらいメジャーだったの知らんの?

て、世の中には裏ビデオという存在が知れ渡る→男達のビデオデッキ購入意欲の向上

十分に一役かってるわw
155: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 13:34:53.20 ID:ZqFIKol20
>>154
誰もが知ってる洗濯ケンチャンビデオ。
じゃどこで手にはいる?
ビデオデッキを買うともれなく手に入るなら君の勝ちだ。
もちろん1例じゃ駄目だぜ。普及させたかどうかの話だからね。
156: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 13:41:54.53 ID:UMdlq1Acp
>>155
うちの場合は懇意にしてた電気屋の親父からだなw
同世代でたまにこういう話をすると、同じような体験談で盛り上がることがある。
弟弟がその家電屋が持ってきたって言う話も当時ではメジャーな話。
お前がただ単に無知なだけw
161: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 16:28:24.05 ID:yS/pMDQ9K
ID:ZqFIKol20は無知である以上にどうも頭が良くないみたいだね

>一部屋に1台になる頃、洗濯ビデオはもはや時代遅れのものである。

だからさ、洗濯屋が普及に貢献したのはそこまでデッキが普及する前の頃の話だよ
まだウチはデッキ買うかどうするか迷ってる家庭が多かったような普及以前の段階だ
そこに巷で噂の洗濯屋が見れるというのは購入の決意に至る理由の一つに十分に有り得たんだよ


>普及期のビデオデッキの魅力は凄いものがあってね、裏ビデオを餌にする必要などなにもなかった。

そりゃアニメや特撮オタクみたいな人種にとっては裏ビデオなんて関係なくデッキは魅力的で絶対欲しい商品だったろう
だが一般の家庭においては「あったら便利だろうけど、それほど必要なものかねえ」という認識が一般的だったはず
ある程度の普及が始まって価格帯が下がったらそうした家庭でも購入に至り完全普及したが、まだ黎明期においては
自分の家で無修正物が見れるというのは購入を決意する一つの大きな動機になりえたんだよ
勿論本来は非合法な物だけど、まだ社会が今よりおおらかで普通に週刊誌なんかでも大々的に洗濯屋の話題が取り上げられたりしていて
実際に観たことない人でも中高生や大人は存在は知ってる者も多く、一種のブームにまでなってたといってもよい
162: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 17:16:05.38 ID:UMdlq1Acp
>>161
あの当時の空前絶後のアダルトビデオ大ブームを考えてみりゃ、
何が理由でこんなに家庭用ビデオデッキが広がったか分かるよなw
163: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 18:11:24.57 ID:11rIoH6Y0
>>161
>巷で噂の洗濯屋が見れるというのは購入の決意に至る理由の一つに十分に有り得たんだよ

巷の問題など語っていない。
販売店が販促のおまけに洗濯屋のビデオを付けてビデオデッキを普及させたのは
違うだろうと言ってるんだ。

巷の問題ならビデオデッキ買うと洗濯屋ケンチャンが貰えると話題になるよねw

巷の話題にすり代えるなよw
164: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 18:21:21.95 ID:11rIoH6Y0
>>161
販売店が裏ビデオ(洗濯屋)をオマケにつけてデッキを売り普及させたというのは
TV探偵団のヒューマンの存在と同じくらい、うさんくさい話である。

↑これを無知だと言うなら、
ヒューマンの画像が放送されたソースと販売店が裏ビデオをおまけに付けて普及させたソースを出せよ。

ごまかすために、アダルトビデオがビデオの普及に貢献したと話を変えるのは辞めてもらおうか。
166: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 18:31:45.51 ID:11rIoH6Y0
>>161
黎明期ということは普及機が出る前だよね。1台30万円するような頃だ。
普及機の登場は80〜81年頃。洗濯屋の発売はウィキによると82年。
黎明期において洗濯屋がビデオの普及に貢献したという表現は嘘になると思うけどw
173: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 19:04:43.58 ID:UMdlq1Acp
>普及期のビデオデッキの魅力は凄いものがあってね、裏ビデオを餌にする必要などなにもなかった。


もうこれだけで世間知らずの無知なオタ丸出しだもんw

悔しいのは分かるけど知ったかは無理だからやめときなよw
174: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 19:16:53.54 ID:11rIoH6Y0
>>173
>普及期のビデオデッキの魅力は凄いものがあってね、裏ビデオを餌にする必要などなにもなかった。

レスの流れから、
販売店がデッキ売るのに裏ビデオおまけにつけて売らないとならないようなものではないと言うことでしょ。

反論するために都合良く1行選んだみたいだねw
悔しいの?w
175: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 19:20:53.35 ID:11rIoH6Y0
>>173
販売店が裏ビデオ餌にしてビデオデッキ売ったというソース出してみなよ。
1例じゃ駄目だぜ。これによってビデオデッキが普及したと言ってんだからさw
188: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 20:46:51.42 ID:11rIoH6Y0
>>182
『『洗濯屋ケンちゃん』ビデオをおまけに付けたVHSデッキが飛ぶように売れて〜」
「というような話もある」と書いてあるね。

言い切っていないよ。
VHS>ベータがケンちゃんで決まったというのは初見だねw
190: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 20:49:16.79 ID:UMdlq1Acp
>>188
悔しいのうw
191: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/04(土) 20:54:48.81 ID:Vg8v+LrY0
>>188

「ビデオデッキがまだ高値だった時代、この作品をおまけ商品とした電気屋が日本各地にあった」
「自室で和製のモロ見えのハードコアを一人で楽しめるのだ。『デッキを買えば“ケンちゃん”が見られる』口コミが広がった。インターネットなどはなく、地方都市にはアダルトショップもない。頼りは商店街の電気屋さんだけ」

涙拭けよw
198: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 02:53:22.63 ID:csT0mfbl0
>>191
なるほど、電気屋さんがケンちゃんをオマケに付けてデッキを売ったというのは本当のようだね。
紹介されているソースでも、このケンちゃんをおまけにつける事によってVHSがベータに勝つ事に成功したとある。

この事から考察出来るのはベータ(ソニー)にケンちゃんは関係無いと言うことである。
では、例えベータが負けたといえ、ビデオデッキの普及にベータ(ソニー)は関係無いと言えるだろうか?
ノーである。ビデオの普及にベータ(ソニー)の役割は計り知れないものがある。

仮にVHSが存在していなかったら、ベータ(ソーニー)の天下になっていただろう。
ケンちゃんが発売されたのは82年。
その前に低価格の普及機も発売されており、ソニーとナショナルの企業戦争は白熱化しており、
ビデオデッキ普及の流れは既に明らかだったのである。

ケンちゃんの役割はVHSがベータに勝つだけのものである。
ケンちゃんがビデオデッキを普及させたと考えるのは間違いである。

VHS勝因を分析すると、当時まだ大型電気店が少なく、街の電気店(メーカ加盟店)が主だった。
ナショナル加盟店はソニーに対して圧倒的に数が多かったのである。
この加盟店がケンちゃんをおまけにつけてソニーに差を広げたということであろう。
199: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 03:01:42.87 ID:csT0mfbl0
もう1度言おう。
>>198ゆえに

『PCの場合、文字通りパーソナルなもので、一部屋の中からスタートするがビデオデッキは違う。一家に1台から始まり一部屋に1台になる。
一部屋に1台になる頃、洗濯ビデオはもはや時代遅れのものである。

それにね、普及期のビデオデッキの魅力は凄いものがあってね、裏ビデオを餌にする必要などなにもなかった。
価格さえ落ちれば売れるのは必然だった。 』
202: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 03:49:47.95 ID:Oeyw8Z50K
丸一日以上かけて必死に編み出したミラクル屁理屈を、即反論されにくい時間帯を狙って連投w
うんうん、そうかそうか、悔しかったのかw
まずはテメーの知能の低さを悔しがれよなw
203: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 04:01:24.19 ID:csT0mfbl0
>>202
君が反論するなら時間はたっぷりあるだろ。
反論出来ないと「悔しいね」としか言えんのか?

「ビデオはケンちゃんソフトを見るために普及したのではなく、録画機として普及した。」

ナショナルは加盟店にケンちゃんビデオをおまけにつける事によってソニーに差をつけたが、
既にビデオデッキ普及の流れはケンちゃんビデオ発売の82年において明らかだった。
ケンちゃんビデオがVHSの売り上げに貢献したのは事実であろうが、
このソフトがビデオデッキを普及させたというのは違う。

どこが屁理屈?
209: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 07:35:53.46 ID:cqx5DSg9x
>>202
笑えるよなw

でもこいつの一番間抜けなのは、町の電気屋がエロビデオを餌にしてたのを
認めちゃってるところwアレだけ超レアケース扱いしてたくせにw

結局範疇自ら「町の電気屋がケンちゃんを餌にデッキを売っていたいたのは超レアケース
ではなく頻繁に行われていた。そしてその事実を知ら無かった無知な男」と認めてしまったことw

「無知ってレッテル貼るなあー!」って、散々己の無知さを全力で指定していたんだから
こいつはもう敗北決定w最早取り返しのつかない大チョンボをしてしまったw


本当に間抜け過ぎだよw
211: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 07:59:46.05 ID:3fzYxHYY0
>>209
遡っても、ケンチャンでビデオが普及したとは言えないよ。

答はシンブルである。
ビデオが普及したのは録画機としてである。
ケンチャンが普及させたと言うのは違う。
212: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 08:07:15.66 ID:cqx5DSg9x
>>211
物知らず乙w
213: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 08:39:26.83 ID:3fzYxHYY0
>>212
反論の術を失った負け犬の遠吠えですか?
214: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 08:41:40.98 ID:IPZmezAGp
>>213
え?町の電気屋がケンちゃんを餌にデッキを売ってたのがメジャーな話ってことを知らんかったんでしょ?w

物知らず・無知で間違いないやんw

はい負け〜w
215: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 08:55:18.70 ID:LLBqfE040
47 :
どこの誰かは知らないけれど
2017/02/04(土) 10:59:16.95 ID:hQHpnb/40
当時、今のような大型家電店は普及しておらず、街の家電店が頑張っており、商圏広げるために積極的に営業に打って出ていたのてある。
ここには客とパーソナルな付き合いが生まれ、なかには、洗濯ケンチャンを餌に顧客開拓をしたケースもあったかも知れないか、この営業は家族の中に入り込む営業である事から裏ビデオをオマケにする事は簡単とは到底思えない、
ゆえに、洗濯ケンチャンが電器店の販促に利用され、ビデオデッキの普及に貢献したとは到底思えないのである。


150 :
どこの誰かは知らないけれど
2017/02/04(土) 12:24:57.24 ID:ZqFIKol20
>>148
あったとしても、非合法の裏ビデオを販促に使うというのはレアケースであろう。
レアケースなものを普及に一役かったという表現はいかがなものか?
さらに当時、一家に1台というような普及時代。リビングに1台の普及期に裏ビデオが販促ツールになりとは考えられない


↑このように断言。それについてこちらは「レアケースではない。君は無知だね」としてきした。そしてお前は大発狂w
でもお前は↓



198 :

どこの誰かは知らないけれど

2017/02/06(月) 02:53:22.63 ID:csT0mfbl0

>>191
なるほど、電気屋さんがケンちゃんをオマケに付けてデッキを売ったというのは本当のようだね。
紹介されているソースでも、このケンちゃんをおまけにつける事によってVHSがベータに勝つ事に成功したとある。


↑ここで自分はもの知らずの無知だって認めちゃってるw

もう取り返しがつかないんだよw

お・ま・え・は・無・知www
216: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 09:10:55.92 ID:3fzYxHYY0
>>214
一昨日までね。
それを認めた以上、争点はケンチャンがビデオを普及させたかどうかである。
ソースが出てから鬼の首を取ったかのように君達はケンチャンがビデオデッキを普及させたと結論付けてきた。
私はこのソースから君達の結論を否定したのである。
一昨日は負けたかもしれないが、結論を逆転した以上、負けたのは君の方だ。
また、君の論理からすると、君は自分がバカにしていたもの知らずの無知に今のところ論破された事になりなw
225: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 09:47:47.83 ID:Oeyw8Z50K
>>216
>争点はケンチャンがビデオを普及させたかどうかである。


そもそも最初から誰もデッキ普及の原因全てが裏ビデオだとは言ってはいない
まだデッキが普及していく段階において一役かった、貢献したという話をしている
お前は当初家電屋が裏ビデオをオマケにつけて販促していたこと自体を否定していたくせに、それが論破されると今度は
ビクターが販売店に洗濯屋をオマケ指示→故にVHSがベータに勝利しただけという、それこそ証拠出せやと言いたくなる屁理屈導入
ビデオデッキが録画機だからソフトは無尽蔵?今と違ってデッキがあっても観たい作品なんて殆ど再放送されず、
誰もがセルソフトやレンタルソフトを利用して楽しんだものなんだがね
自分で現行放映番組を録画して観るよりも、むしろそうした楽しみ方の方が一般的には魅力的に感じられたはずだよ
「自分で番組が録画できる!」よりも「好きな物を自由に家で観れる!」という魅力の方が大きかったわけ
そしてその自由に観れる物として裏ビデオというエロアイテムがあったことが物凄く大きかったんだよ
だから普及に繋がる要因の一つになったの。わかりますか?
録画に魅力を感じて購入した層だっていただろうし、最初からそれも否定はしてないだろう
勝手に都合よく論点ずらすんじゃねえよ、お前がアホなのは一昨日も今も全然変わらねえんだよ
トーマス レッツゴー大冒険!
トーマス レッツゴー大冒険!
232: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 16:23:33.14 ID:AojK034M0
>>225
ビデオの普及に一役かった。貢献したと言ったのは私である。
ただし、それはレアケースであると言ったのだ。
だからこそ、販売店がビデオを売るために裏ビデオをオマケにつけた証拠を出してみろと言ったのだ。

その証拠のソースは出だ。
ここで、私に対峙する者達は鬼の首でもとったかのように、
ケンチャンがビデオデッキを普及させたと結論付けて論争のフィニッシュにかかった。
ここで、私がそのソースを認めた上で反論のレスをしたのだから、争点は論争のフィニッシュに移行する。
つまり、
>争点はケンチャンがビデオを普及させたかどうかである。

論点を都合良く変えるなというのは、いいがかかりも甚だしい。
236: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/06(月) 16:47:17.55 ID:AojK034M0
>>225
結局、今日の私のレスに自分の主観(エロが好き)でしか反論出来ないから、一昨日に遡ってるだけじゃんw
あんたの最後のセリフがそれを証明してる。
「一昨日も今も全然変わらねえんだよ」w
245: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/07(火) 23:41:33.85 ID:lcR/wjoh0
裏ビデオ欲しさに20万払った人達もいたと思うけど、
それがビデオを普及させたとまでは言えないと思うけど。

やっぱそこに拘る人はウルトラより裏ビデオが好きなんだろうなw
249: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 10:13:52.12 ID:uouzkJ2dK
>これを裏ビデオで普及したと熱く語ってる人達はおかしいよ。
>それがビデオを普及させたとまでは言えないと思うけど。


お前は本当に卑怯な人間だね
何度も言ってるが、言われているのは裏ビデオがビデオ普及に一役買った、普及に対して影響力があったって話だろ
誰も裏ビデオが普及の要因の全てであるかのような事など言っていない
しかもその論点ずらしを指摘されたお前は「普及に一役買った」と言ったのは自分だなどとレスの流れを捏造までしやがる始末
本当にどうしようもないクズだよお前は
250: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 10:48:05.75 ID:BIx9B9bC0
>>249
>>232>>245(それがビデオを普及させたとまでは言えないと思うけど)からだと
「普及に貢献したかも知れないが普及させたと言い切るほどではない」
と読解するべきだと思うが、誰と闘ってるんだ?

それに裏ビデオが普及させたかのように語るレスには「一役」かったと注釈つけてるレスはあまりないと思うが?
これでは
>誰も裏ビデオが普及の要因の全てであるかのような事など言っていない
↑この発言は不適切になると思うがいかがだろう。
さらに裏ビデオが普及させたかのように発言しているレスのほとんどに、
それ以外に普及させた要因を同時に語っていない。
これでは裏ビデオが普及させたと言い切ってるように読解されても仕方あるまい。
252: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 12:33:39.24 ID:uouzkJ2dK
>裏ビデオが無くとも普及したものなのである。

だから誰も裏ビデオが無かったらデッキが普及しなかったとは言っていないだろって
最初に裏ビデオの話が出たのが>>135で、その時点ではデッキの普及に貢献した、普及の加速化に貢献したという話だった
しかもズバットにも話題を絡めてな
それに対してバカで無知なお前が「家電屋が裏ビデオをオマケに付けるわけがない」と難癖をつけ出したのが事の始まりじゃねえの?
そしてオマケ説が証明されると今度は論点を「裏ビデオが無くてもデッキは普及した」とずらしだし、ウルトラより裏ビデオ好きな連中が〜とかレッテル貼り
どう言い繕っても、皆に無知ぶりバカっぷりを笑われて悔しくて顔を真っ赤にして連投してるお前が一番裏ビデオに拘ってるんだよ
お前こそ荒らしじゃん、みっともねえからとっとと失せろよ
253: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 13:14:50.88 ID:BIx9B9bC0
>>252
>>135で、その時点ではデッキの普及に貢献した、普及の加速化に貢献したという話だった 』
最初はね。
VHSのおまけに裏ビデオがついたソースの出現で私はそれを認めた。
ここで>>135からの、デッキの普及に貢献した、普及の加速化に貢献したという話の論点は消滅した。
ここから私の主張は裏ビデオはデッキの普及に貢献し、普及に貢献した事を否定していない。
ただし「裏ビデオは普及に貢献したかも知れないが普及させたと言い切るほどではない」
と言っているのだ。
普及の原因を一言でいえば「裏ビデオがビデオを普及させたのは違う」と言うのが私の結論である。
ゆえに『>裏ビデオが無くとも普及したものなのである。』という答えにもなる。
つまり裏ビデオがビデオの普及に貢献したかも知れないが、その存在が無くても普及したのである。
間違っているのか?

現在の私の主張にレスを返すと言う事は、
「裏ビデオこそがビデオを普及させた」と言いたいといことになると思うが?w
だが、君の論だとこれは言えない。だからこそ、解決した論点を蒸し返すのが君のやり方だw
254: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 13:30:18.87 ID:huvsWaR1p
>>253
先ずは「私が無知な物知らずで間違っていたのに偉そうにして申し訳ありませんでした」と謝罪したらどうだ?w
255: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 13:37:57.90 ID:BIx9B9bC0
>>254
謝罪が無いから論破されたのを認めらず、過去の論点に拘るということか?
256: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 13:43:17.25 ID:BIx9B9bC0
>>254
それに
レアケースとしては最初から認めていたので、
物知らずとか無知と言われるほどではないと思ってるのだが、、、、
気に障るのなら謝りますよ。
257: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 13:52:17.11 ID:huvsWaR1p
>>256
だったら俺も言い過ぎたからもう引けな?悪かったよ。
でも思い込みや自己主張の押しが激し過ぎだぞw

じゃあ不毛な争いは終わりにして、あんたが初めて買ったデッキと初めて録画した番組、
初めて買ったソフトは何よ?

おれは日立の
259: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 14:06:16.56 ID:BIx9B9bC0
>>257
確かめたいのだが、あなたは>>252か?
IDが変わりサゲからアゲに変わってるけどさ。
別なら、俺は>>252にレスしてたところにあなたが横ヤリなわけで、
横ヤリのあなたが辞めても>>252は辞めないんじゃないか?
260: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 14:12:24.99 ID:huvsWaR1p
>>259
明らかに別人やん。だいたいがあんた一人と俺ともう一人で不毛な争いをしてただけだろ、どう見てもw

まあ、彼も俺と同様になんか自分がアホらしくなってきたから引くさ。
262: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 14:22:01.47 ID:BIx9B9bC0
>>260
上でコンビ打ちと言われた仲良しさんだね。
ちなみに指摘したのは俺では無いよw
サゲ君はあなたと違ってヒステリックだと思うけど、どうかな。
264: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 14:30:11.16 ID:huvsWaR1p
>>262
いや俺の方がかなり攻撃的にヒステリックだけどねw

はい。手打ち手打ち。

あなたも以後は普通にしときな。多分蒸し返すことはなんも言ってこんよ。
267: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 15:54:37.81 ID:BIx9B9bC0
>>264
2度までも、仲間も引くだろうと言い切れるのは、やっぱり仲がいいんだねw

質問に答えよう。俺は高校の時、バイトで金を貯めて30万弱のビデオデッキを買ったんだよ。
普及機の安いのはスルーして最高級機を買った。1週間に1回は秋葉に行って新しい機種や安い店をチェックしてた。
ビデオデッキを買うのが俺の高校時代の目標であり青春だった。
最初の目標は山口百恵の引退を録画する事だったが間に合わず、
次が「2001年宇宙の旅」のTV放送。ここも間に合わないところだったが、
さすがにこれは欲しく親に足り無い金額を援助頼んだらあっさり出してくれた。
勉強などまったくせず、バイトばかりしてと怒られてたので、出してくれたのだろう。
当時、我が家にも出入りする電気屋がいた。そのおっさんは親父にVHSを進めていた。
もしかしたらアダルトビデオのサービスもあったのかも知れないw
だが、当時ウォークマンで天下を取っているソニーのブランド力は若者に絶対の信頼を得ていて、
最初から買うのはベータマックスと決めていた。
親父を秋葉に同行させSL-J9を買った。今でもカタログを持っている。
だが、この後、薄型8cmのF11が登場して悔しい思いをするんだけどね。
最初に録画したのは憶えていない。「2001年宇宙の旅」を録画する練習みたいなものだった。
最初に買ったソフトはウルトラマンでバルタンが登場する第2話。30分1万円もした。
268: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 16:24:07.80 ID:huvsWaR1p
>>267
どう見ても自演じゃねえだろ?

しかしまあしつこいな。
269: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 16:30:22.95 ID:huvsWaR1p
>>267
デッキが三十万の時期から逆算すると結構な歳じゃんw
俺がモスゴシのソフト買った83年頃は既に20万以下になってたな。
270: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 16:34:48.17 ID:uouzkJ2dK
>>267
>>264氏の温情もゴミクズのお前には通じないみたいだね
>>264氏がある意味お前を立ててくれて、せっかくああ言ってくれてるのに>>265のレスでもまだしつこく裏ビデオの件に言及してるし呆れた
レス内容からしてどうやら俺よりもかなり上の世代のようだけど、その年でそんな自分が恥ずかしくないか?

>>264さん、ごめん
貴方のレスを見て俺ももうコイツに触れるのは止めようと思ったが、我慢ならず言っちまったわ
もうコイツが何言おうが後はスルーするよ
272: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 16:48:43.51 ID:huvsWaR1p
>>270
いや、もうそろそろ3次ブームの話題したかっかったからね。この人も本来なら
話題は豊富なんだが、押しが強過ぎてなあwもう少しこっちの記憶や情報も立てて
受け応えしてくれやいいだけなんだわ。

まあ、俺は普通モードに入るだけで特にスルーはしないけどね。

と、いうわけでたのんますよパイセン
275: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/08(水) 18:03:35.75 ID:kXfDwTaG0
>>270
やっぱり糞だったわw

やっつけていいよこんな屑w
300: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/14(火) 21:13:36.99 ID:x2IxdoghK
ピンクレディーのUFOが制作されたことと、結果的にそれがピンク最大のヒット曲になったのってSFブームも多少関係ある?
なんとなくだけど阿久悠さんは当時のSFブーム感じとって無意識に反映させてる気がするけど
301: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/14(火) 21:48:51.31 ID:lXr2/fB40
アメリカで「スターウォーズ」という映画が大ヒットしているというニュースは
日本にも入ってきていたが、まだSFブーム前夜 映画「宇宙戦艦ヤマト」は
公開されていたものの、ブームの導火線に火がついたかどうかというころだった

当時、SFブームを彩る音楽もたくさんあったが(冨田勲の「組曲惑星」「宇宙幻想」、
ジャン・ミッシェル・ジャールの「幻想惑星」、totoの「宇宙の騎士」、
パトリック・グリーソンやミーコ・モナルドの「スターウォーズ(カバー)」など)、
そこに「UFO」を並べて語るというのは見たことがない。

まあ、ピンクレディーブーム>SFブームだったし、何でもかんでも関連づける
こともないだろう
302: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/14(火) 23:07:59.50 ID:x2IxdoghK
ピンクレディーの件はただの自分の仮説というか疑問なだけだけどさ、
TOTO「宇宙の騎士」がSFブームに関連してるなんて話の方こそ聞いたことがないな
そもそも宇宙の騎士って単なる邦題であって原題は「TOTO」のみ(1stアルバムだから同名タイトルだったんだろう)
宇宙の騎士なんて歌詞の内容にも全く関係なく単にジャケのイメージで付けただけ
音だってスペイシーな訳じゃなく少しハードなAOR、所謂ロマンティックハードと言われる音だし
SFブームと関連づけるならELOやボストンあたりを例に出した方がまだよかったね
304: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/14(火) 23:18:29.64 ID:ljKLpvoW0
>>300
ピンクレディーはあのキラキラのタンクトップにホットパンツで踊る姿が受けた
それは後の「サウスポー」でも継承されてるのだから間違いない
305: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/14(火) 23:40:38.13 ID:lXr2/fB40
>>302
そのこじつけが当時のSFブームの一面でもあったんだよ 無理やり感は当時から
あったが、、>>301であげたアルバムをSF映画のサントラ盤なんかとあわせて紹介
する一般雑誌もあった(TOTOも入っていた なぜかというのは認める)

ほかには、日本でも深町純が「スターウォーズ」をカバーしたり、時期的にはずっと
以前のベンチャーズ「スカイラブ」「テルスター」なんかの曲を集めた宇宙アルバムを
出したりと、こじつけ、便乗、その他あらゆるものがブームを形作っていったの

クラシックの世界でもズービン・メータ指揮、LAフィルの「スターウォーズ」
「未知との遭遇」組曲なんかもあったし、とにかく何でもありだった(ちなみに
私はここと上で名前を出したアルバムはTOTOを除いてすべて買った)
308: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/15(水) 11:29:16.38 ID:nU20AdUXp
>>301
同じように上の方で誰かが必死に鴨川つばめが3次ブームや懐古ブームに影響うけている、と無理矢理関連性つけようとしてたなw

分析力と知識が足りない馬鹿な説だよなw
310: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/15(水) 13:10:36.46 ID:pke7Ck6z0
ヤマトのヒットは再放送で盛り上がった人気が下地になってるんだけど、
この下地を作ったのがヤマトのファンクラブ的に作られた黎明期の同人誌の数々。
この同人誌は当時の中、高、大生の高年齢層の子供達で作られた。内容はコラムやイラストである。
ヤマトのヒット以降、ヤマトを盛上げよう的な内容から、その他のアニメSF全般に内容が広がって行く。
年齢層が高い事から、ここに当然のごとく、ウルトラマンも登場してくるわけ。
そして同人誌のイラストといえば、パロディなのである。
鴨川つばめ、江口寿、同人誌のウルトラのパロディは当時、必然として現れたと言ってよい。
当時、誰も懐古だとかこれからウルトラが流行ると思って描いていないだろうが、
結果的にウルトラのパロディは第3次(懐古)ブームの中で生まれたと言って良い。
315: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/15(水) 16:35:40.15 ID:Vwb3skMsp
>>310
間違い。

そんなブームなくても描いてた。そういう資質の漫画家。

お前はちゃんと読んでないニワカだから、アニメや特撮のネタしかないと思い込んでる。

いわゆる無知w
323: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/15(水) 18:24:11.15 ID:Yq7CvMBMd
>>300
ピンクレディーのUFOは
日清やきそばUFOのタイアップでしょう
CM出てたし

日清やきそばUFOは
UFOブームからの流れ

UFOブームは、矢追純一の木曜スペシャルからの流れ?
小さかったのでよくわからん
UFOロボグレンダイザーとか
UFO戦士ダイアポロンもUFOがついてる
円盤戦争バンキットもある
バンキットあまり記憶にないのは裏番組のサザエさんを見てたからか
327: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/15(水) 19:14:31.00 ID:/lYzvGWx0
>>315
ブームで描いたわけではないが、当時を第3次とくくる場合、入れても良いと思う。

同人誌にウルトラのパロディ描いてた俺もブームを意識して描いてたわけじゃないからね。

基本、当時アニメ、SFブームで3次怪獣ブームとまでは思っていないからねw

自分がいいたいのは1977年という年が3次怪獣ブームに大きく関与しているということ。
いつから3次が始まったというのは人それぞれだろうけど、今から思えば、俺の3次怪獣ブームは
1977年から始まっていたんだなと思う。
353: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/19(日) 08:42:55.06 ID:jCTh2locK
信念w
ただの統失だろw
良く言っても絶対に自分が間違ってたと認めない単なるみっともない負けず嫌いなだけw
355: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/19(日) 22:47:59.60 ID:2mM7RxCNp
>>353
あいつは基本的に情弱だからなw
357: どこの誰かは知らないけれど 2017/02/20(月) 18:21:13.60 ID:kuFDkRNy0
>>353
間違っているところはソースが出て認めたんじゃなかったか。

なのに悔しがってる奴がいて蒸し返そうとしているw
393: どこの誰かは知らないけれど 2017/04/19(水) 23:59:51.76 ID:WmzNNbrzd
怪獣ブームの中始まったザウルトラや80は何で失敗したん?
394: どこの誰かは知らないけれど 2017/04/20(木) 11:11:40.89 ID:Preo1IMcd
>>393
・アニメだったり学校の先生だったり、とにかく露骨な流行の後追いが鼻についた
・見たかったのは過去のウルトラマンであって、新しいウルトラマンじゃなかった
・「ドカベン」「鉄腕アトム」など、裏番組も強かった

‥‥‥このあたりではないかと
396: どこの誰かは知らないけれど 2017/04/21(金) 00:30:52.44 ID:0hXd+nZb0
>>394
当時、小学四年生。早朝にやってたウルトラの再放送で
新番組の予告がヘビーローテーション。
わくわくしながら水曜夜7時の放送を迎えたが、
意外と違和感なく受け入れることができた。
でもやっばり飽きるのも早かった。
アーストロンやゴーストロンなんかが出てきた回は、
裏でテレビ朝日が「ドラえもん・パーマン・オバケのQ太郎」をぶつけてきた。
迷わず浮気しましたw
408: どこの誰かは知らないけれど 2017/04/30(日) 13:44:10.81 ID:bYZVNhQda
>>876
じゃ最終的には伊賀のカバ丸を生んだってことで
409: どこの誰かは知らないけれど 2017/04/30(日) 13:45:16.20 ID:bYZVNhQda
あららロングパスしちまった
>>876頼んだぞ
433: どこの誰かは知らないけれど 2017/05/29(月) 11:27:24.01 ID:TXcvqdzFd
カールのCMといえば土曜の夜を思い出す
436: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H4f-wkTy) 2017/05/29(月) 13:12:07.70 ID:n3IhCgMCH
>>433
「キイハンター」「アイフル」「バーディ」「Gメン」の頃だね
明治チョコレートのCMもよくやっていた
土曜10時台はデンソー・カーエアコンだね
437: どこの誰かは知らないけれど 2017/05/29(月) 13:51:14.58 ID:TXcvqdzFd
>>436
そうそう、明治チョコレート!
「全員集合」や「Gメン」観ると明治のCMがセットで思い出される
10時台は森村誠一シリーズと横溝正史シリーズ観てたが
CMというとメーカー忘れたが男性用化粧品を思い出す
曲は鮮明に覚えてるがなんという曲かは知らないw
あと、松崎しげるだったかな?
火の鳥の歌流れてたの覚えてる
(78年夏の映画協賛だったんだろうが)
471: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/24(金) 16:22:23.62 ID:TEPqdAkFH
随分前に「ザ☆」の怪獣はブサイク過ぎたという意見があった
ぺギラへのオマージュだったシーグラがそうだが、実名で出たレッドキング、バルタン星人もブサイクだったなぁ
474: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/25(土) 19:45:52.22 ID:HxZXyW50K
サンライズは円谷恐竜シリーズの作画もしてたはずなのに怪獣の巨大感や重量感もあまり感じられなかったよね
いっそのことザ☆の敵は最初から怪獣じゃなくて全部ロボットやメカ系にすればよかったかも
478: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/27(月) 09:03:49.24 ID:QpoZysdJH
>>474
サンライズが作画担当したのはボーンフリーの人物キャラだけだから
恐竜の作画は一切やっていない
479: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/27(月) 13:18:25.23 ID:A5Ugz9+6K
>>478
えっ、そうだったんだ。ありがとう

それにしてもこの頃のサンライズってフル稼働しすぎでアニメーターもオーバーワークだったんじゃないかね
名古屋テレビ枠と長浜アニメ枠に加えてザ☆でしょ。キツそう
484: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/28(火) 10:50:59.99 ID:54ab6KagH
>>471
「ザ☆」のバルタン星人はハサミが柔らかそうだった
バルタンのハサミは金属っぽい硬質な感じが出ていなければダメなのだ
レッドキングはブタっ鼻な上、剛腕なイメージが出ていない
怪獣(特にリバイバル)の細かい演出についても円谷が指示すればサンライズも努力したと思うよ
485: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/28(火) 12:50:19.60 ID:qsTG8GK/0
>>484
当時、SF特撮アニメブームに便乗して3次ブームに参入した円谷は
マニアが納得するような監修はどだい無理だよ。
「ザ☆」がアニメじゃなくて実写だったら3次はもっと早く尻すぼみになったんじゃないかな。
486: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/28(火) 13:21:42.93 ID:T7r4byVa0
>>479
逆に、「何年かに一度ガンダムのしょーもない新作」を作るだけ、あとは過去の遺産で細々と食っているような
今のサンライズの有り様に比べたら夢のような活況ぶりとは思わないか?w

'79年なんて、自社オリジナルこそ「ガンダム」だけだったが、東映外注の「ダルタニアス」と「009」、円谷からの委託の「ザ☆ウル」、
「タンサー5」は特撮部分のみ円谷に外注した自社主導企画。
同時期に5本もの作品を並行して制作していた時期なんて後にも先にもこの時だけだろう。
言わば「サンライズにとっての唯一のバブル」だった訳だ。
487: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/28(火) 16:57:21.65 ID:54ab6KagH
>>485
逆な見方すれば「アニメじゃもの足りない、実写で観たい」という渇望があったからこそ作られたのが「80」
でも「ウルトラマンせんせい〜?金八ならぬウル8か」だったかあらなぁ〜・・・
488: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/28(火) 16:59:29.55 ID:54ab6KagH
所詮、今のサンライズはバンダイの子会社だからね
かっての繁栄ぶりなど見る影もない・・・
ウルトラしかない円谷、ガンダムしかないサンライズ
似た者同士だなぁ・・・
489: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/28(火) 17:22:11.14 ID:Ed8uniYjp
>>488
ガンダムシリーズとウルトラシリーズは毎年どれぐらい収益あげてんの?
490: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/28(火) 17:36:38.83 ID:54ab6KagH
>>489
ちょっと詳しくないので、ごめんなさい
詳しい方、います?
491: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/28(火) 18:25:04.24 ID:qsTG8GK/0
>>487
渇望の度合いが大きかったからこそ、80とスカイライダーの新作のがっかり感は強く、
3次怪獣ブームはゴジラの復活を待たずに終わってしまうわけだね。
492: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/29(水) 08:57:23.74 ID:JjRFMwBEH
>>491
自分は少しでも盛り上げたいと見続けていたけど、周りはそうはいかなかったね
スカイは旧ライダーが続々出初めてからが盛り上がった
本当は新ヒーローではなく、旧ヒーローの再登場が願われていたんだよね
でもヤマトやガッチャマンを観ると、同じキャラクターではシリーズ長続きしないことが立証された
つまり、リバイバルブームだったということだね
493: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/29(水) 10:34:46.98 ID:jrHQ07X8d
>>492
ガッチャマンはともかく、ヤマトは需要が違うんじゃない?
ヤマトは終わったと思ってたものが続いたから白けた感じだった
あれでヤマト級二番艦ナントカとか続けられたらちょっと嫌だぞw
500: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/29(水) 17:29:32.12 ID:5W5HDdJK0
>>492
ウルトラ兄弟や7人ライダーがこのブームにも絡む
501: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H49-2jl/) 2018/08/29(水) 17:34:56.09 ID:JjRFMwBEH
「80」も無理して過去のウルトラマン出さないとかしないで開き直ってどんどん出しちゃえば良かったかもね
妄想セブンとかよりも本物の方が視聴率あがった筈だよ
502: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/29(水) 17:58:43.88 ID:rO3BsviFK
>>501
あくまで推測だけど、先輩ヒーローの登場はライダーよりウルトラの方がより強く視聴者に求められてた気がする
だってライダーと比べてウルトラの方がずっと再放送が多かったんでしょ?
ライダーは回顧ブームに便乗したような感じだけどウルトラは正しくブームにピッタリ合ってたんじゃないかな
それ故80にウルトラ兄弟が出なかったのは物凄く当時の視聴者を失望させたんだよ。ザ☆でのお預け感もあっただろうし
503: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 00:24:01.27 ID:BA2d2+NP0
>>492
3次はSF(特撮)アニメブームがもたらした懐古ブームだけど、アニメは懐古ブームで起こったわけでは無いよ。
新作がヒットした。ヤマトは続編の「さらヤマ」。
それ以降は確かにしらけるが、松本アニメの新作は次々にヒットする。
ガッチャマンもファーストの総集編映画がコケたがTVの続編は高視聴率で3本目のファイターまで続いた。
それに比べ、80とスカイライダーは1年で後が連続したシリーズにはならなかった。
そこそこの当たりではもはやブームという枠ではない。

3次の正体は海外のSF特撮についていけない日本の特撮がアニメブームから起こったリメイクブームに
ウルトラマンとライダーでしがみついた(便乗した)ものなんだよ。
ゆえに、新作公開でブームの需要は尽きてしまったと考える。
504: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 01:18:29.70 ID:9Y0CtL4xK
>松本アニメの新作は次々にヒットする。

でもさ大人気ヒット作だったのはヤマトと999ぐらいで、他は次々ヒットなんてしてないんじゃないの?
確かに松本原作アニメはテレビや劇場版含めて一時期沢山あったからブームは起きたんだろうけど、本当にヒットした作戦は少ないし
ブーム自体も僅か数年で収束してる気がする
終わりかけてた松本ブームが直ぐにガンダムブームに取って変わられて富野が日本アニメ界の王座に就いたと思ったら
また直ぐに宮崎駿に取って変わられた、みたいな印象だな
506: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H29-/omd) 2018/08/30(木) 09:58:47.98 ID:kop7cx/FH
>>503
スーパー1をお忘れでは?
スーパー1はスカイとは違った雰囲気、意外とハードな展開で結構よかった
ドグマ編が終わり、時間帯変わったジンドグマ編での絶望感・・・
507: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 15:13:17.87 ID:BA2d2+NP0
>>504
ヤマトの続編の数々と999の数本の映画の大成功とアニメシリーズの成功。
ハーロックも最初のtVシリーズは悪くなかったでしょ。
この時期の松本作品をウルトラで例えるならヤマトと999がQ~帰りマン。その他がエースからレオみたいなもんじゃないかな。
では3次をウルトラで例えるなら80はそのまま尻すぼみのレオの次作品。
SF特撮ブームの中、ファンが求めていたのは2次の延長の新作ではなかった。
3次との関連で語るならば
>松本アニメの新作は次々にヒットする。
自分的にブーム枠で語っているわけで間違っていないと考えている。
508: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 15:21:23.26 ID:BA2d2+NP0
>>506
失敬、スーパー1がありましたね。
3次は80年で終わっているという定義をするとスカイで終わりと勘違いした。

ちなみに84年のゴジラも3次の懐古ブームから映画化までになったと考えている。
公開が84年になったのは80年でブームが沈静化して復活にブレーキがかかったと考える。
このゴジラを3次に属さないのならスーパー1を入れなかったのは分かって頂きたい。
510: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 17:02:10.62 ID:9Y0CtL4xK
スーパー1の前半は確かスカイライダーより視聴率も良かったんじゃなかったっけ?
放映時間変更が無かったら前半のムードのままだったと思うと残念だね
ジュニアライダー隊とかいらない
512: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 19:20:45.07 ID:G6iXxdAk0
>>502
スカイライダーが客演ライダー出したことが上手く行って
次の作品のスーパー1にもつなげられた
>>510
TBSの都合でローカル枠になって時間帯も変わって
結局東映特撮ヒーロー枠が続けられなくなってしまった
BLACKとRXをのちにやったけど2作品でシリーズ自体が終わって
後々メタルヒーローとロボコン枠で平成ライダーとしてライダーが復活したけど
新たな枠を作れなかった
513: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 20:09:53.14 ID:D9LvsAcgd
>>507
ハーロックの平均視聴率は10前後で関連商品も特段目立つものはなく1年で終了
スカイや80の例にならえば悪くないとは御世辞にも言えないんでは?
514: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 23:12:56.91 ID:9Y0CtL4xK
>>507
>ヤマトの続編の数々と999の数本の映画の大成功とアニメシリーズの成功。

うーん…999の映画で大成功っていえるのは1作目だけじゃないかな。あとTVシリーズも2年位続いてるしこちらも大成功だろうけどね
ヤマトに関しても大成功と言えるのはさらヤマまでで、その後は映画もTVもそこそこって感じじゃないだろうか
それとヤマトは松本先生の存在は大きかったが完全なる松本ワールドでもない。松本ブームを築くにあたっての露払いみたいな存在だったと思うよ
ハーロックTVシリーズは作品自体は良かったが上の方も仰るように商業的な大成功とは言えないし、
そうこうしてるうちに千年女王で失敗してブーム終了って印象なんだよね
でもリアルタイムで見てきた人の方が正しいのかもしれないし、よくわからん
515: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/30(木) 23:43:31.80 ID:BA2d2+NP0
>>514
999は2作ともヒットでしょ。1作目がゴダイコの主題歌で社会現象のレベルになり1作目と差があるように思えるのだ。
ヤマトも大ヒットは「さらヤマ」までだけど、それ以降の映画も初日は映画のセル欲しさに映画館の前で行列が出来てアニメブームを象徴してた。
とにかく「さらヤマ」の大ヒットはTVの死なない続編を映画で復活させるに充分な影響力があった。
ヤマトの続編はブームであるゆえんである。

ハーロックはTVでその後、新シリーズも放送されたし、映画化にもなった。
松本アニメはアニメブームが起こってからの数年間は間違いなく中心にあった。

アニメブームは松本アニメが尻すぼみになるなか、
ヤマトがアニメ映画で稼げる事を映画界に知らしめた事が大きく、次々にアニメの映画化が続いた。
その中でも、宮崎、ガンダムのシリーズはアニメブームを盤石にし、
日本が世界に通用する数少ないソフト産業として成長していくことになる。
516: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/31(金) 00:00:05.92 ID:FYCtCKpP0
>>513
関連商品という意味では、松本アニメって比較的年齢層が高いので子供向け商品がいまひとつなとこがある。
関連商品が目立たないのはそのせいだよ。
マニアが欲しがったのは映画のセルだった。
ジョージラックパズル 2重パズル・アイス&ホット 知育玩具 4歳 5歳 パズル 幼児 知育 木のおもちゃ 木製 子供 赤ちゃん 出産祝い 誕生日プレゼント 誕生日 男の子 男 女の子 女 玩具 ベビー おもちゃ 男児 キッズ
ジョージラックパズル 2重パズル・アイス&ホット 知育玩具 4歳 5歳 パズル 幼児 知育 木のおもちゃ 木製 子供 赤ちゃん 出産祝い 誕生日プレゼント 誕生日 男の子 男 女の子 女 玩具 ベビー おもちゃ 男児 キッズ
517: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/31(金) 01:24:03.59 ID:ucLF9QMRK
>>515
>ヤマトがアニメ映画で稼げる事を映画界に知らしめた事が大きく、次々にアニメの映画化が続いた。

確かに劇場版アニメ作品がこの頃一気に増えたんだよね
サイボーグ009超銀河伝説とか地球へ…とか、ヤマトブームが無かったら制作されてないだろうし、角川映画でもアニメ作品が作られたりしなかったかもね
ただヤマトってさ、作品が進んでいく程に松本色を感じなくなると思わない?
1作目はまだ松本色を感じるけど、その後どんどん薄れていって新たなる旅立ちやヤマ永遠あたりになると全然松本零士って感じがしない
ガンダムがある時期から富野の手を離れた感じともまた違うんだよね
なんだろうな、それだけ西崎の色が強かったってことなのかな
518: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/31(金) 03:23:59.94 ID:4D6N6DJAd
>>517
そりゃもともとヤマトはテレビ企画が先で、
松本零士は途中から総合プランナーのような形で参加したからな
世界観の象徴たる松本美女や今では時代錯誤といえる戦う男の生き様があればこそ
ヤマトは松本作品として認識されたが
理想的な愛と定型化する戦闘描写がその松本色を徐々に形骸化させていったのは否めない

現実的には西崎のワンマンぶりに松本も脚本の藤川もやる気もなにもなくし
さらばの時点で辟易、その後のシリーズともなると
「ヤマトだからこうしとけ」みたいな投槍ノリにはなってたっぽい
519: どこの誰かは知らないけれど 2018/08/31(金) 21:30:50.35 ID:FYCtCKpP0
>>518
その通りなんだけど、
ヤマトブームが松本ブームに繋がったのだから、
個人的に松本は西崎に感謝していいと思うけどねw
520: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/01(土) 01:15:52.75 ID:15FC7Nc1K
>>518
>世界観の象徴たる松本美女

これもなぁ、ヤマ永遠のサーシャや3の長官孫娘とか、もう全然松本キャラっぽい画風じゃないしなぁw
メカデザインにしても松本零士というよりどんどんスタジオぬえっぽい感じになるし
535: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/04(火) 19:25:29.43 ID:dsH84ZSn0
ダンガードの放映開始は'77年3月、ヤマトが劇場公開されたのはその年の夏だからね。
順序としてはダンガードの方がむしろ先。

マジンガーシリーズにピリオドを打った東映が、あの時点で「ポスト永井 豪」として松本に白羽の矢を立てたのは
ある意味英断だったとは思うが、結果的には大成功したからな。
「スターウォーズ」の日本公開によるSFブームという追い風もあったにせよ。
536: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/04(火) 19:33:27.94 ID:qRJXOS2Z0
>>535
77年のヤマトのヒットの要因は再放送からヤマトの全国的な盛り上がりがあったため。
段ガードの松本採用は当時全く違和感のないもので英断というレベルではない。
539: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/04(火) 21:47:40.67 ID:r77dkF5+K
>>535
ダンガードがそこそこウケたのはあまり松本零士と関係ないんじゃないかなぁ
アナクロだけど王道なスポ根要素と人気アニメーター荒木さんの美形キャラ絵が理由だったのでは
541: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/04(火) 22:35:29.71 ID:TanDVsNc0
>>535
ダンガードAってそんなに大ヒットしたの?
グレンダイザー終わって余り見なくなったように覚えてる。
543: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/05(水) 00:59:24.07 ID:xAFtzXW4d
>>541
同時期のロボットものとしては売れてた方だよ
ボルテスVはアニヲタ層にこそ受けて数字は安定してたが
合体ポピニカ買うような幼児層には前作のコンVほど受けなかった
17は逆に視聴率が伸び悩み打ち切りの憂き目にあったが
変型可能な超合金は記録的大ヒット
ここらと比べれば安定した支持を受けてた

キャプテンダンの仮面が怖いというクレームもありはしたけどw
あと、スポ根展開(いきなりスラスラ操縦出来ない)
だから主役ロボットがなかなか登場しなくて
幼児ならここが堪えきれなかった可能性はあるね
545: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/05(水) 08:48:35.67 ID:mFo3L//m0
>>543
この時の東映特撮は
ズバットもジャッカーも大鉄人もロボット110番も打ち切り的状態になってしまったな
546: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H29-/omd) 2018/09/05(水) 10:36:09.12 ID:7z0wXVWrH
「17」は超合金が売れたおかげで実写の巨大ロボを続ける事が出来た
まさかそれが「スパイダーマン」とは思わなかったが
547: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H29-/omd) 2018/09/05(水) 13:05:06.33 ID:7z0wXVWrH
ダンガードAといえば、当時のドラマ「祭囃子が聞こえる」(主・萩原健一)というドラマでもダンガードの歌が歌われていた(もちろん、歌っていたのは子供)
548: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/05(水) 13:52:49.60 ID:He+ZrrnxK
>>546
スパイダーマンの頃は実写特撮ヒーロー物はもはやそれ一作しかなかったので
ヒーロー物の灯を消しちゃいけないという意味でも頑張ったと良川Pが言ってたね

>>547
へぇー
550: どこの誰かは知らないけれど (JP 0H29-/omd) 2018/09/05(水) 17:21:47.36 ID:7z0wXVWrH
>>547
その歌、子供の母親もよく歌っていたよ
母親役はバイクロッサー・ギンの実の母親だった気がする
551: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/05(水) 20:48:30.01 ID:SyZw3z9I0
ダンガードのOP名曲だと思うけど。

>>541
離れた人もいたのだろうが、ヤマトブームで盛り上がってる年齢層の高いとこは
松本の絵柄で戻って来た人たちもいたんじゃないかな。
大ヒットというとどうかなというとこだが、永井のシリーズの後として
恥ずかしくないヒットだったと思うが。
553: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/05(水) 22:27:16.66 ID:0fAPO8v40
>>551
♪好きだ 好きよ ダンガードA
マジンガーシリーズに比べて何か随分子供っぽい歌詞だよな、と思った
554: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/05(水) 23:14:10.26 ID:SyZw3z9I0
>>553
作りては別に年齢層高めをあえて狙っていたかは分らんよw
558: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/06(木) 13:44:24.01 ID:GDIu/VeoK
日テレのドラえもん観たことある人羨ましい
そういやドラえもんて人気が出てきた時期がちょうど3次ブームに重なるんじゃない?
偶然なんだろうけどさ
560: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/06(木) 13:51:18.04 ID:UMAsdEHQH
「サザエさん」「ドラえもん」「それいけアンパンマン」「ちびまる子ちゃん」「クレヨンしんちゃん」
5大長寿アニメ(単独作品として)
561: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/06(木) 15:19:48.49 ID:gSyVUp8Yd
>>558
人気自体は学年誌連載中からあったよ
一度は未来に帰って完結したけど、読者から熱烈な要望が寄せられて再開となった
今日の国民的人気を得る機会になったのは74年の単行本化
日テレ版が失敗してから一年後のことだった
そして77年にコロコロ創刊
ドラをはじめオバQやパーマン、
アニメ化されなかったバケルくんなんかを続々掲載して児童間に周知させ
のちのシンエイアニメシリーズ隆盛の礎を築いた
563: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/06(木) 18:14:13.73 ID:GDIu/VeoK
>>560
何気にきちんと古い順になってるのがいいねw

>>561
>一度は未来に帰って完結したけど

これコミックの6巻あたりで未来へ帰る話のこと?本来はあそこで終わってたのか
そういやサイボーグ009も本当は流れ星になって終わる話で完結してたんだよね
でも人気作でその後も続けることになったと聞いた
565: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/06(木) 19:32:02.29 ID:gSyVUp8Yd
>>563
読者が一年で交代する都合で数種類あるが
てんコミに収録のやつは74年3月(日テレ版が放送された73年度末)で
生前の藤本(藤子F)のコメントだと
反響があったのは最初に別れを描いた71年3月のverだとか
ただ、てんコミ版(のび太がジャイアンにくらいつくやつ)で本気の最終回にするつもりだったとかも聞くから
あるいはあれが真・最終回になってた可能性は高いw

サイボーグ009は最初に少年キングで連載開始され
ミュートスサイボーグ編で生死不明の状態で一度幕を閉じてる
映画化などの都合からまもなく少年マガジンに再登場になるが
このときの最終回がおっしゃる地下帝国ヨミ編
(宿敵黒い幽霊団との決着)
ここで終わらすつもりだったらしいが、読者(特に女性w)から懸命の助命嘆願が殺到
冒険王で再び再開となったが、さすがに三度めのシリーズ、
特に一度完全に終わらせる腹だったのを続けたから原作者は疲弊
内容的にも人間の悪意そのものの上を行く敵ということで神が登場
畳むに苦しいってことで休止となった
そしてより高い読者層を据えたCOMでリメイク的に再開
ところがここでも抽象的な訳ワカメ展開になり
雑誌自体の休刊に併せ終了
これで本気に終わらせるつもりが、数年後
大ファンだという女性編集者の熱意にうたれ
アウトストーリーでならということで復活
懐かしのヒーローになっていたということもあり人気を呼び
以後マンガ少年や少年サンデーなど各誌で連載された
人気つうか、女の執念やねwww
566: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/06(木) 21:05:53.86 ID:GDIu/VeoK
>>565
ああ学習誌だからいくつも終わり回があるわけか、なるほど
じゃその最初に話題になった別れ回なんかもそうだろうけど、全てがてんコミに収録されてる訳じゃないんだね

そういや確かに009はヨミ編前にミュートスの時にも終わってる感じだったわ。その時で既にぶん投げたみたいな曖昧な終わり方だったけど
それにしてもそんなに昔から腐女子みたいな連中がいたとはw
必殺や太陽にほえろの三田村邦彦もそうだけど、あいつら助命嘆願したことでドラマ内容をつまらなくしてると思うw
自分は009は秋田書店サンコミ版でしか読んでないから天使編は未完結のままだと思ってたよ。続きがあったんだね
詳しい説明ありがとう
573: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/07(金) 17:12:22.03 ID:Wiuj6TdTK
でもヤマトにしても999にしても基本的に勧善懲悪の世界観だよね
特にヤマトは古代のキャラもスーパーロボットヒーロー物の主人公と変わらないし、森雪も記号としてのヒロインの域を出ていない
それまでのマジンガーとかよりSF的リアル感を強めただけで根本は同じだよ
そういうのがアニメ全体的に変わっていくのはガンダムからでしょ
ファーストヤマトとファーストガンダム改めて見てみたらわかるはず。ガンダムと比べたらヤマトはまだ紀元前て感じ
574: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/07(金) 18:03:43.76 ID:XKiRF96d0
>>573
言ってることは分かるが、ヤマトはそれまでの一人のヒーローが解決する勧善懲悪モノではない。
ヤマトクルー全員であり、ファーストでは主要乗組員のドラマも掘り下げられている。
「さらヤマ」では古代の「(隣人)愛」が結果として宇宙を救うドラマだが、クルーの死の屍の上に成り立っている。
SF的にもアニメのスペースオペラとして当時アニメとしては、革新的な評価を得たと思うぞ。
スターウォーズと比べても遜色はないと思うが。
当時のSFブームでもヤマトから流行った「ワープ」という言葉をはじめにSF用語解説の記事などが一般雑誌で取り上げられた。
個人的には当時のSFブームは海外の洋画よりヤマトの貢献度方が大きいと思っているくらいだ。
その下地があってこそのガンダムも受け入れられやすかったと考えるが。

因みにガンダムはヤマトのヒットとは別のレールにあると思っているが、
ファーストの映画3部作はヤマトからのアニメブームのおかげであるのは間違いあるまい。


「ワープ」という言葉を一般化したのはヤマトのヒットからだ。
当時のSFブームの
577: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/08(土) 16:21:44.94 ID:Rg/qvI/hK
>>574
仰られる通りだと思います。ヤマトが社会現象になり一般レベルでもSF専門用語が色々定着したし
ヤマトブームが無ければガンダム始めその後のアニメブームも起きなかったと思います
言いたかったのはヤマトとはいえ意外とそれまでのヒーローアニメ的な部分を受け継いでいたということでした

・敵に肉親を殺された熱血主人公
・登場人物が多い群像劇的作りでも、女性キャラに関してはまだまだ女性であることそのものによってキャラ立てされてる
・強力な破壊力を持つが大量のエネルギーを使う波動砲。これは従来のヒーロー物の必殺技と同じ位置付け
・基本的には地球側=善 、ガミラス側=悪の勧善懲悪路線
・主人公が年長者で人格者の上司に見守られながら成長

こういった従来アニメの王道部分を受け継いでいたからこそ人気を得られたのだと思います
そしてガンダムは上記のどの要素も当てはまっていないのが凄かったと思います
579: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/08(土) 20:37:02.55 ID:b16r/TMT0
>>577
>女性キャラに関してはまだまだ女性であることそのものによってキャラ立てされてる

この当時の女性キャラの扱いの粗末さは酷いものがあって、これじゃ女児のファンが出来る訳無いわな〜と思っていた
現在は逆に女性キャラが縦横無尽に暴れ回りすぎていて「そんな女がいるもんかよ」ってくらいだ
580: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/09(日) 03:15:32.19 ID:zOOSDMsv0
>>577
古代の成長が1番感じられるところは、ガミラスを滅ぼした後、
ガミラスとの共存の道もあったのではないかと考えるところ。
つまり肉親の死の復讐から戦争の愚かさを悟るのが古代の成長ドラマでしょう。
これは単純な勧善懲悪の脱却だと思うのだが。
肉親を殺された熱血主人公の話は、主人公の成長と共に、
当時の思春期の若者の成長に対しても、ヤマトの「愛」のテーマも重なりシンクロしたのである。
この事からヤマトは既存のアニメファンの年齢層を引き上げ、アニメブームという市場を作ったと言っていい。

つか、ガンダムのアムロも成長ドラマだよねw
ドラマ的な違いはガンダムの場合、ヤマト1艦で敵を滅ぼすようなものでなく、
戦局を左右しかねない連邦のモビルスーツとニュータイプの局地戦の話の違い。
局地戦のドラマで主人公が敵を倒すに至らない事が既存のアニメよりは斬新だったかなとは思うが、
既存のアニメのファン層の引き上げに成功したヤマトの功績から考えるに、
「ガンダムと比べたらヤマトは紀元前」というのは言葉が過ぎると思いますよ。
581: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/09(日) 10:12:18.63 ID:hqHKsdjbp
>>580
リブート版のヤマトはガミラス壊滅後のシーンをバカっぽいという理由でまるまるカット。賛否あると思うが俺は新作大否定派。

そもそもオリジナルを唐突過ぎて違和感ありありとか言って否定するけど、そんなに違和感あるか?ひとつの惑星を滅ぼした現実見たらあんなふうに思ってもなんら不思議じゃないけど。
582: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/10(月) 12:53:02.12 ID:Azw0aOt0H
>>754
>「ワープ」という言葉を一般化したのはヤマトのヒットからだ

ヤマト初放送時、既に「宇宙大作戦」は放送済だったが、「ワープ」という言葉は定着しなかった
ウルトラマンAでエースが惑星ゴルゴダへ向かう時「エースは光の速度を超えた」と森さんのナレーターが入るシーン
周囲の空間が歪み(OPのタイトルバック状態)今思えばワープしたのだが、ワープという言葉は使われていない
同様のシーンはタロウでもあったが、やはり定着させたのはヤマトだろう
583: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/10(月) 14:21:49.72 ID:Azw0aOt0H
>そしてガンダムは上記のどの要素も当てはまっていないのが凄かったと思います

いえいえ、初代ガンダムは今思えば、意外な程、従来のロボットもののパターン守っていますよ
ガンダムを作ったのが近親者(父、祖父、兄等)である点も
まあ、アムロにはガンダムを「父さんのモビルスーツ」なんて思い入れ無かったのでしょうが、敢えてそういうパターンを受け継ぐ事で従来との差別化を謀ったのでしょう(冨野さんらしいな)
584: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 15:55:14.84 ID:plYwy5Dy0
>>582
タロウでは、実際には使われなかったが「ダッシュワープ」(要はテレポーテーション)という技が放送開始後に設定されている。
円谷のスタッフはこの時点でワープという言葉を知っていたという事だ。
585: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 16:17:57.37 ID:jM32+zMAK
>>583
もう一度>>577を見てほしい。どの要素も当てはまってないっていうのは>>577でリストアップした要素のことだよ
ガンダムに従来のスーパーロボット要素が皆無とは全然言ってないので誤解しないでね
だいたいガンダム自体のデザインからしてスーパーロボットのヒーローぽいし、ニュータイプという理由付けがあるにせよ主人公が強いところもそうだしね
それでもリアルタイム視聴じゃなくて後追い視聴した者の感覚で言うと、ヤマトがかなり昔ぽく感じるのに対して、
ガンダムの方は画の古さを除いたら今のアニメだとしてもそれほど違和感無い感じがするんだよね
たった数年の違いとは思えない位に違う
587: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/10(月) 16:33:58.84 ID:Azw0aOt0H
>>585

583ですが、そういう意味ですね
ガンダムは従来のロボットアニメに対するアンチテーゼの意味もあったのでしょう
ヤマトみたいなロボットもの以外のSFアニメ(或いは特撮にも)対するアンチもあったのでしょう
マジンガーZ以降のアニメは大ヒットしたからとマジンガーのストーリーを踏襲したものが多かった
でも鉄人28号が戦車や潜水艦と戦った時もあった様に、必ずしも敵のロボットや怪獣と戦わなくてもいいのだということを気づかせてくれたのがガンダムだったなと思います
589: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 16:56:31.04 ID:jM32+zMAK
>>587
>鉄人28号が戦車や潜水艦と戦った時もあった様に

これで思ったけどヤマトってそれこそ大昔の潜水艦物の漫画とかに似てる気がするんだよね
小沢さとるって人の漫画見た時にメカのディティールとか画面の構図やアングルがあまりにも似てて「うわ、これヤマトじゃん」て思った
でも調べてみたらヤマトより全然昔の漫画だったんでびっくりした
590: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 17:07:26.51 ID:jYiyjXJW0
ガンダムはサンライズの流れだよね。

それに対してヤマトの方がある意味、それまでのアニメの脈路にない物だったと思うけど。
だからファーストの放送は視聴率がまったく取れなかったのだと思う。
591: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 17:13:44.16 ID:jYiyjXJW0
>>589
「青の6号」のアニメ化とかヤマトが認知されているおかげ的なとこもあるのでは?
592: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 17:43:14.00 ID:jM32+zMAK
>>590-591
>ヤマトの方がある意味、それまでのアニメの脈路にない物だったと思うけど。

アニメだけで考えたらそうかもしれないけど昔の潜水艦漫画や、それこそ松本零士が描いてた戦記物漫画とか、ああいうジャンルの流れを
組んでるような気はするけどな。どうなんだろうね
その手の物の舞台を未来や宇宙規模にしたような感じ
なのでヤマト→SF&アニメブーム→懐古ブームといった流れの元々最初に、既にヤマトにおいてレトロ要素があったのかもしれないと今思ったよ
そんなにアニメに詳しい訳じゃないから的外れかもしれないけど
593: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 18:17:02.71 ID:jYiyjXJW0
>>592
西崎Pは松本の戦記物とかSFの短編みてヤマトに起用したとは思うよ。
で、西崎か松本が昔ヒットした小沢さとるのマンガを覚えていて影響を受けた可能性はあるかもね。

ただ、潜水艦モノとか松本の戦記物も類似作品が続くような「ジャンル」を作っていないと思うが。
ゆえに、ヤマトが昔の潜水艦ものにインスパイアがあったとして、その「流れ」の作品と言い切るにはどうかと思うよ。
594: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 18:31:32.42 ID:jM32+zMAK
>>593
なるほど、潜水艦や戦記物の漫画がブームになって一つの潮流を作っていたら、ヤマトがその影響下にあるなんてとっくに言われてたはずだよね
サイボーグ009初期にもよく潜水艦が出てくるから、当時は潜水艦ブームみたいな物があったのかもと想像してしまった
596: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/10(月) 21:18:35.77 ID:GgjlaGZRd
>>590
具体的な企画が1973年に出てるからガッチャマン(72年10月開始)あたりのSFメカ路線てとこじゃない?
同じ年には0テスター(73年10月)もあるし、マジンガーZ(72年12月)もメカものといえばメカもの
これらはみなヒットして放送延長もされてるから
それらをモデルケースとしたならば唐突とも言えない
さらに遡るならサンダーバードや宇宙大作戦(スタートレック)もあるし
ここに日本沈没やノストラダムスの大予言がベストセラーになる社会背景が合致
そして洋上戦艦、それも大和が宇宙を行くなんて普通に考えるならインパクトがあって
社会現象はともかく、大外れなんて想定しまい

ヤマト一作目の低視聴率はひとえに被った相手
(アルプスの少女ハイジ〜フランダースの犬と猿の軍団)
それに連続ドラマ形式が週一のペースに合わなかった
これが再放送だと毎日だからテンポもよくハマった
599: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/11(火) 11:43:32.69 ID:MMCNtjQo0
>>596
あなたの理屈だと、元を探れば全て手塚(アトム)に行きつきSFアニメ路線になってしまうよ。

「路線」とまで言うにはインスパイアされた程度の影響ではなく、
ガッチャマンが無ければヤマトの誕生は無かったとまで言えるような説得力が必要だと思うのだが。

ヤマトの初回放送の低視聴率だが確かにライバル番組の影響なのだが、
唐突感がありライバルと視聴率で闘えなかったと思うわけです。
ヤマトにガッチャマン、又は過去のメカ路線などと言うものを匂わすものがあれば、
もう少し視聴率で対抗できたのではないかと思います。
602: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/11(火) 12:53:47.95 ID:oMAknbaBK
>>599
>元を探れば全て手塚(アトム)に行きつきSFアニメ路線になってしまうよ

でも路線とまでは言わずとも実際に特撮もアニメもかなりの部分で手塚の影響はあるし大きいように思うな
上の方でワープという言葉が一般化したのはヤマトからって話があったけど、それと同じようにロボットとか宇宙とか未来とかいった
物凄く基本的なSFのイメージみたいな物を一般の日本人に植え付けたのは手塚だと思う
603: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/11(火) 14:17:07.87 ID:YJsQltXeH
第3次でウルトラやライダーが失敗したのは、SF洋画やアニメブームの影響で
「大人が観ても納得するものを作らなければ」とか変な気負いがあって、捻り過ぎた結果だろうね
スカイもスーパーマンみたいに空を飛ぶだけではなく、サソランジン回みたいにハードな話もあったし、変な気負いが感じられるんだよね
もっともすぐ気が着いて路線変更、スカイでの反省点を踏まえて作られたスーパー1は結構見応えあった
ドグマ編だけだけど・・・
604: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/11(火) 14:25:33.26 ID:9zoC8epfp
>>603
そんな気負いは全く感じられんかったがw
605: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/11(火) 16:17:00.83 ID:oMAknbaBK
>>603
>捻り過ぎた結果

スカイに関しては捻りすぎというよりは、ライダーが復活する度に強迫観念のように言われた「原点回帰」ってやつが原因だと思うよ
初代の初期の路線をやろうとしたと思うんだけど何か中途半端だし、同時期の戦隊とか少し前のスパイダーマンと比べても毎回の話が古臭いんだよね
サソランジンの回はともかく基本的に殆どドラマが無い。むしろスパイダーマンの方がずっと孤独なヒーローとしてのドラマを描けてた
この時代に昔のライダーみたく敵との攻防だけで視聴者を引っ張るのは難しかったんじゃないかなぁ
スカイも最初から江連さんがメインライターだったらまだドラマ部分も多少は充実してたかもだけど
607: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/11(火) 18:35:27.81 ID:MMCNtjQo0
>>603
>「大人が観ても納得するものを作らなければ」とか変な気負いがあって、捻り過ぎた結果だろうね

それが最も顕著に表れたのが84ゴジラだったね。
609: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/11(火) 20:42:50.00 ID:MMCNtjQo0
古代一人で悪と戦う?
古代の腕から波動砲が発射されるなら別だがw
610: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/12(水) 09:37:48.95 ID:oOgdH95dH
「ヤマト2」の話だけど、終盤、アンドロメダ等の最新鋭艦が束になっても適わなかった白色彗星にヤマトがたった1隻で立ち向かうというのが無理あり過ぎ
地球の民も「まだヤマトがある」とか希望を託しているし・・・
まだヤマトを絶対的ヒーローとして扱っていた
「ウル銀」の時、まだアイツがいるとばかりにゼロが登場し、獅子奮迅の活躍で大逆転したシーン
見ている子供たちはスカッとしただろうが、無理あり過ぎる展開を今でもやっているんだなと感じた
611: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/12(水) 10:16:38.57 ID:oOgdH95dH
>>607
>それが最も顕著に表れたのが84ゴジラだったね。

「シン・ゴジラ」にも同じ事が言えると思います
シンは幸いヒットしたので結果オーライですが
84もヒットしましたが、結果オーライとはいきませんでした
次回作「ビオランテ」まで5年の月日が流れました
612: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 11:30:27.59 ID:Q3NlUlA/0
>>609
一人のヒーローがやヤマトに置き換わっただけということ 戦艦一隻で
大軍団と戦うという構図はそれまでのヒーローものと変わらない

もっとも、このヒーローの周辺が世界のすべてという構図は、「外の世界」が
どうなっているかはわからないので「そんな敵がどこに隠れていたんだ?」と
いう新たな敵軍団を持ち出して続編を作ることが可能となる
また、「マジンガーZ対デビルマン」のようなヒーローの共闘も可能になる

この安易さを「お約束」として受け入れられるかどうか、そこが分かれ目だな
613: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 11:52:10.32 ID:Q3NlUlA/0
いまは情報があふれていて過去のマンガやアニメなどについても簡単にを知ることは
できるが、「ヤマト」放映当時はそんな情報は少なかった 端から「ガキ向け」という
扱いで専門誌もなければムックなどもほとんどなし どんな作品が過去にあったかを
知ること自体、困難だった 子どもたちにとっては自分が観てきた作品がアニメの
すべてだった まあ、そもそもが「アニメ」という言葉さえなかったわけで

この状況を一変させたのが「ヤマト」だった 設定集などが販売され、BGMが
レコードになり、のちのメディアミックスの先駆けとなった
それはやはり「ヤマト」がそれまで子どもたちが知っていた作品とは一線を画す
おもしろさがあったから 大宇宙を舞台にしたアニメは過去にもあったが(「ロビン」
など)、それらはすでに記憶の彼方に飛んでしまっていた しかも、一見すると
ヒーローものには見えない 大道具・小道具に凝っていて、「ワープ」といったSF
用語も出てくる 子どもの目から見ると少しばかり「大人」の作品のようにも思えた

残念なところも少なくなかったが、次の時代を作った作品であることは間違いない
614: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 14:10:14.48 ID:smjc6urw0
>>610
なぜ「ヤマト2」を出すのかな?
ファーストもヤマト1隻でガミラスを倒したぞ。
白色彗星に1隻で立ち向かえたのはデスラーが白色彗星の弱点を教えてくれたからだ。
ストーリー上の無理はない。逆算するとみる側に無理が無いようにするためにアンドロメダの波動砲は拡散波動砲だったのだろう。
デスラーから白色彗星の弱点を知ったヤマトの波動砲は弱点をピンポイントで打つための改良した波動砲だった。

地球の民が「まだヤマトがある」と言ったのはアンドロメダ等の最新鋭艦が壊滅してしまい
ヤマトしか残っていないからだ。そのヤマトはガミラスを1隻で滅ぼしたのだから、
地球の民の「まだヤマトがある」はストーリー上全く無理はない。

最後は圧倒的火力の違いで多くの死傷者を出し窮地に追い込まれどうしようもなく、
映画では特攻。TVの「ヤマト2」に至っては敵にとどめを刺したのはヤマトではなく反物質のテレサだ。
既存の無敵のヒーローと同じように考えるのはどうかな?
615: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 14:34:24.86 ID:smjc6urw0
>>612
あなたの言う安易さを当時の人達は>>613氏が語るように受け入れたということだよ。
そして>>613でも書かれているが、あなたの言う大道具小道具が見事に受け入れられ
SFブームとアニメブームそしてそれは次の時代、3次怪獣に繋がっていく。
ちなみに個人(古代)ではなく、ヤマト1隻で大軍団と闘うのはそれまでのヒーローと変わらないという考えは分からなくもないが、
ヒーローの見解の相違がありそうだね。
616: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 14:43:50.23 ID:EM1AY6110
設定やストーリー上どうこうってんじゃなく
ヤマト一隻の戦力で敵の大艦隊に立ち向かうってのが現実的(説得力)に無理があるって 話だろう
>>614で言う「アンドロメダ等の最新鋭艦が壊滅してしまう」ような軍事力の敵に一隻で倒してくるのは無敵のヒーローそのものだと思う
617: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 14:43:56.15 ID:gD/dIkMWK
>>614
>窮地に追い込まれどうしようもなく

これは既存のヒーローでも普通に最終回のお馴染みの展開だったと思うよ
マジンガーZもウルトラセブンもアトムもそうじゃん
何もヤマトだけが特別ではない
618: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 14:45:41.05 ID:Q3NlUlA/0
艦隊決戦ではまず地球側の波動砲一斉発射で白色彗星側の艦隊を全滅させ、
次いで白色彗星が地球艦隊を「踏みつぶして」全滅させていたが、この展開は
大味に過ぎるのではないか

「ヤマト(1)」の艦隊決戦といえば、初っ端の冥王星域会戦ぐらいしか
なかったが、まあ、彼我の戦力さをいちおう表現できていた
「2」では地球艦隊がものすごい数になっており、白色彗星側もこれまた
ものすごい数 これがそれぞれ一気に全滅というのは、さすがに無茶苦茶だ
それができる兵器があったからということにはなるが、「ガンダム」の
ように初めて使用されたというのならまだしも、あっさりとその餌食に
なるなんて、白色彗星側は無能に過ぎる

この展開は、やはりヤマトを「ヒーロー」にするために用意されたものだと
言わざるを得ないだろう 「弱点」が用意されているのも、こう言うと
何だが、要するにご都合主義
619: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 15:00:04.55 ID:Q3NlUlA/0
>>615
>>612>>613はどちらも私なので、何を言いたいのか、よくわからないが、

>SFブームとアニメブームそしてそれは次の時代、3次怪獣に繋がっていく

については、残念ながら「第三次怪獣ブーム」といえるほどのものはなかったと
いうほかない ちょっとした波は起こっていたとにしても、それはSFブーム、
アニメブームの隅っこで起こっていた程度に過ぎない
622: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Haf-mrST) 2018/09/12(水) 15:23:18.52 ID:oOgdH95dH
「惑星大戦争」や「メッセージ」が昔ながらの吊り特撮しかできないと否定されたので「でも日本には怪獣がある」と再注目された可能性もある
確かに昔のウルトラ等は注目されたけど、新作が望まれていたという話は無いのでは?
ファンコレ「ウルトラマンパート?」には「新しい世代には新しいウルトラマンが必要だ」と書いてあった
一ライターの見解を世間の見解と勘違いしてしまった可能性もある
623: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 15:35:01.49 ID:uwRU0chH0
>>614
大日本帝国の艦船である以上、最期はやっぱり特攻だよね。
素晴らしい締め方だったのにテレビ版では台無し。
625: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/12(水) 15:53:43.41 ID:kpY9jjbUd
>>622
『新しい世代の新しいウルトラマン』て、どんなつもりで書いたんだろうね
この時点のファンコレ読む限りは新しいどころか
10年以上前の、旧態然としたウルトラマンでなければ駄目だとしか読めなかったが
あるいは単純にハリウッドレベルの特撮でなければ
新しいウルトラマンは不可能だとでも言いたかったのか
633: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/13(木) 20:53:32.85 ID:R/C8O9ft0
>>619
失礼
>>612>>613は同一でしたか。

つか、3次怪獣ブームの否定論者だったんだw
世間一般的に「3次怪獣」がブームとまで言える現象かどうか別だが、
ある特定の人達にブームと言われているからこのスレがあるんでしょ。
実際、玩具本などでは第3次怪獣ブームと銘打たれてキングザウルスのソフビが紹介されているものも存在するよ。
634: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/13(木) 21:10:20.45 ID:R/C8O9ft0
>>622
3次怪獣ブームとはSF特撮アニメブームからの懐古ブームから派生した怪獣特撮の商業活動のことだよ。

懐古から起こったのだから古い作品から始まった。
しかし、古い作品は掘り起こしたら無くなってしまう。
背景にSF特撮なり松本のSFアニメブームは継続しているのだから、
新作での復活は「原点回帰」というテーマ性を持たせれば、3次ブームにおいて至極当然の成り行き(商業活動)だ。

こういう考え方も出来るかな。
3次怪獣とは新作が作られるまでの祭り(ブーム)であった。
636: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/13(木) 21:24:04.11 ID:R/C8O9ft0
>>623
TVは松本が監督で発言力が映画よりあったんだろう。
さらヤマで松本は特攻には絶対反対の立場だったそうだ。
西崎は商売人でこのTVから続編作れると欲が出たんだろうね。
ゆえにTV版は松本の好きにさせたというとこだろう。
638: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/13(木) 22:01:02.53 ID:R/C8O9ft0
>>618
ヒーローの見解の相違だね。
ちなみにアムロも一人で敵を滅ぼさないだけで、ヒーローだよね。
独りでロボットに乗る分、マジンガーに近く、既存のアニメのヒーローと同じように思える。
639: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/13(木) 23:09:09.91 ID:SRhSvhvhK
>>638
ガンダムにもヤマトにも従来のスーパーヒーロー的な要素はある
ただその要素をより多く含んでたのはヤマトの方
勿論ヤマトの方が先に作られてるから当然といえば当然
ただヤマトの場合は思った以上に従来要素が多くて後追いで見るとびっくりする
ガンダムはヤマトが無かったら存在してたかわからないが、ヤマト以上にSWの影響の方が大きいと思う
641: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/14(金) 10:38:01.57 ID:QRdUHWTyH
>>639
SWの影響はガンダムではビームサーベル、コクピットの標準機、シャアの仮面とかだが
「ザ☆」のバデルスター、戦隊母艦の表面の凸凹、宇宙刑事のレーザーブレイドETC
マンガでは永井豪先生の「黒の獅子」等、多大な影響を与えた
643: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 11:51:59.36 ID:kveqyz2M0
>ガンダムはヤマトが無かったら存在してたかわからないが

いや、ヤマトのおかげで「いい歳こいてもアニメ見てお金落とす人間が実はこの世に沢山いる」ということが立証されたのがガンダムが企画された一番の要因。
そこで「ハイターゲットに絞って、30万から40万の熱狂的なファンをつかめば、それで十分に商売になる」という結論を得たわけ。
したがってヤマトの存在がなければガンダムは「絶対に」この世に誕生しなかった。

>ヤマト以上にSWの影響の方が大きいと思う

ビームサーベルだけやん。富野が言ってたがガンダムは「打倒ヤマト!」のスローガンで作っていたので、ロボット物でヤマトの様なSF性・メカ描写・集団群像劇を目指したのは明白。
あとベースとなったのはロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」なのは有名。つまり大きく影響を受けてるのはヤマトと宇宙の戦士からであってSWではない。
644: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/14(金) 11:59:20.89 ID:QRdUHWTyH
>>643
いや、ガンダムは企画時の対象年齢はやっぱりお子様だった筈
ヲタク層に食指を伸ばしたのは冨野さんを初めとするスタッフたち
そういうやり方って、当時としては完全に邪道だよね
でも邪道を貫いたからこそ、低視聴率、玩具売上低迷でも生き残れた(まあ、一種の奇跡でもある)
ヲタク層が支持したおかげで劇場版もガンプラも作られ、本来対象にした児童層にもその魅力を伝える事に成功した
でも、こうすればどんな作品でも成功する訳ではない。運もあった
645: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 13:30:57.59 ID:6d5SxYHFp
>>644
製作側がハイティーンも狙ってたって発言してんだから否定されても困りますのう。
ジスター(GESTAR) 天才のはじまり 知育玩具 ブロック 2歳~7歳向け 動画説明書付属 500ピース+20枚増量中
ジスター(GESTAR) 天才のはじまり 知育玩具 ブロック 2歳~7歳向け 動画説明書付属 500ピース+20枚増量中
653: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 15:26:36.84 ID:Tif+46uC0
「ヤマト」は確かに大ヒットし、マーケットがそこにあるということは証明されたが、
世間一般の「ガキ向け」という見方を変えるまでには至らなかった 実際、
「ガンダム」放映時には、「ヤマト」ブームを支えた層がごそっと引いてしまって
いた(だからこそ一過性の「ブーム」だったわけで)

「ガンダム」の不幸はそのタイミングで放送が始まったこと 根強いファンが
「これはすごいアニメだ」と言っても、いったん引いたファンは戻らなかった 「まだ、
そんなの観ているの?」といった反応 結果、「ガンダム」は視聴率が振るわず、
打ち切りという憂き目にあう

しかし、一方で根強いファンの支持もあった それを受けて映画化が決まるが、
そこから「ガンダム」が一般に定着するまではまだまだ時間を要した
「スターウォーズ」がシリーズ化され、「スタートレック」「エイリアン」さらには
「ターミネーター」などがこれまたシリーズ化されていくことで、まずはハリウッドで
「ガキ向け」のレッテルがはがされ、日本でもその動きが高まっていった

日本でアニメが「ガキ向け」であるというレッテルをはがすことになった最大の
要因は「ナウシカ」だった 大人がマジに語っても恥ずかしくない、そういう
雰囲気がここから生まれた

ここでいう「ガキ向け」というのは、中高生(全般)がターゲットなのではなく、
中高生の中の、いまでいうヲタクをターゲットとしているという意味 そして、
ヲタクは恥ずかしいという雰囲気にあふれてもいた
小学生がターゲットという場合は、そのまま小学生全般がターゲットだが、
中高生の場合はその辺にデリケートさがあったのだが、それも少しずつ、
変わっていき、そしていまがある

あのころはどれほどヒットしても、ニュースで取り上げられるぐらいで、その
ためにNHKが特番を作るというようなことはまったく考えられなかった
662: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/14(金) 17:33:25.60 ID:QRdUHWTyH
どうのこうの語り合っているけど、今考えたらいい時代だったし、今もいい時代なのかもしれない
ヤマトやガンダムが大ヒットしたのも運や偶然かもしれないし
ウルトラ、ライダー、戦隊が作り続けられている現在も運だろうしね
駄作のレッテル貼られ、忘れ去られた作品の方が多いのだろうし・・・
また当時の思い出でも語りましょう
663: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 18:32:46.95 ID:09I41mHH0
>>653
ブームって基本一過性なものでしょ。
でも一般的にヤマトが作ったブームメントは「アニメブーム」と言われ一過性のものではない。
今まで親子連れでしか客を呼べないアニメ映画が自分の小遣いで映画を見に行ける若者層まで市場を拡大した。

ガンダムの初回放送時の視聴率低迷の件だが、
仮にヤマトファンがごっそり引いていたとしても、ヤマトが作った年齢層の高い層からのアニメブームは健在だったし、洋画のSFヒット作も続いていた。
ガンダムの初回低視聴率はヤマトファンがごっそり引いたという事ではないだろうよ。
ガンダムは年齢層の高いところを狙ったかも知れないが、サンライズ系ロボットアニメの流れを踏襲している。
このため、従来の「ヒーロー」ものと思われ初回放送からヒットに結びつかなかったと思われる。
つまりアニメブームから起こった市場が直ぐにガンダムに反応しなかったのだ。
しかし、ヤマト劇場ヒット前からヤマトを応援していたコアなファン連中には
「ガンダムって面白いらしい」と評判になっていた。
ゆえに映画化ではアニメブームのファン層を捉えヒットした。
664: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 18:52:08.72 ID:09I41mHH0
劇場ヤマトのヒットでアニメブームが起こり定着。
ヤマトは今のアニメ界のビッグバンだ。

ヤマトが無ければアニメブームは起こらず「ルパン」の映画化は微妙。
少なくとも、背景にこのブームが無ければ2作目の「カリオストロ」は無かっただろう。
「カリオストロ」が無ければ宮崎の評価も世間に認知されず「ナウシカ」があったかどうか。
そもそもアニメブームが無ければ「ナウシカ」原作の「アニメージュ」の創刊は無かったと言える。
ヤマトが無ければ今のジブリの成功は無かった可能性は高い。

ガンダムもヤマトを意識してハイターゲットを狙っていないだろうし、
従来のサンライズの延長のアニメにしかならなかった可能性が高い。

まさにヤマトはアニメのビッグバンだったのだ。
ビッグバンの後、アニメ界は膨張する。その膨張の中にジブリやガンダムもある。
>>662
確かに作品のヒットには運や偶然もあるだろう。
だが、ヒットした作品の多くはアニメブームから起こった必然的連鎖のなかにあると俺は思うよ。
これは3次怪獣ブームも同じだ。アニメブームからの連鎖で起こるべくして起こったブーム。
668: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 19:46:36.28 ID:5VwpedwnK
>>663
>サンライズ系ロボットアニメの流れを踏襲している。
>このため、従来の「ヒーロー」ものと思われ

でもサンライズのこの枠は前々作のザンボットから既に従来のヒーローロボットアニメとは一線を画した作りだったよね
その頃から注目してたアニメファンもいたはずだと思うんだけど、その人達は多分ヤマトファンではなかったんだろう
想像だけどヤマトファンてザンボットは勿論ガンダムとかも当初は見下してた人が多かったんじゃないかと思う
ヤマトと違ってパッと見じゃヒーローロボットアニメぽいから「こんな幼稚なやつヤマトファンの俺が見れるかよw」みたいに思ってた気がする
669: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 19:58:34.38 ID:09I41mHH0
>>668
ザンボットからガンダム同様、年齢層高めを狙ってたと?
ザンボットはサンライズの過去の作品を全く踏襲してないと?

当時、松本大好きな同人誌を作ってたが、ガンダムを見下す奴は少なくとも俺等にはいなかったよ。
語られる場合「ガンダムとは?」というのが主なテーマ。
670: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 20:26:59.29 ID:5VwpedwnK
>>669
>ザンボットからガンダム同様、年齢層高めを狙ってたと?

それはわからない
ただ従来のロボアニメと比べたら幼児層や低学年層が観るにはハードな内容で、ある程度上の学年の視聴者じゃないと厳しかった気はするけど

>ザンボットはサンライズの過去の作品を全く踏襲してないと?

そんなことは言ってない
671: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 20:37:25.60 ID:09I41mHH0
>>670
>>ザンボットはサンライズの過去の作品を全く踏襲してないと?
>そんなことは言ってない

なら、「サンライズ系ロボットアニメの流れを踏襲している。」は正解だよねw
672: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 20:54:27.07 ID:5VwpedwnK
>>671
そうです。流れは踏襲してると思います。失礼しました
なのでヤマトファンから当初は見下されていたように思えるのです
あれだけいたとされる熱狂的ヤマトファンの半分でもガンダムを本放映時からちゃんと観ていたら、低視聴率にも打ち切りにもならなかったと思うのです
673: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 21:00:55.22 ID:09I41mHH0
>>672
サンライズ系特有のイメージが邪魔をしたと。
ヤマトファンもガンダムの初回放送を見なくても映画の三部作のヒットには貢献してるだろうし、
ZやZZからは初回放送見始めた人はけっこういるんじゃないかな。
674: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 22:08:46.15 ID:SLte+Xor0
>>664
あんたヤマトを過大評価しすぎや
普通の人からみたら滑稽やぞ
675: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 22:56:48.22 ID:6d5SxYHFp
>>674
ヤマトの内容が優れている、という話をしているわけじゃないんじゃない?

あくまでハイティーンむけのアニメが作られる流れなった大きな要因って意味だろうよ。
676: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/14(金) 23:05:54.00 ID:Tif+46uC0
ちょっとした動きがあるのをブームだと言っていたら、確かに第三次怪獣
ブームもあったという見方にもなるのだろうが、現実はそうではない

仮に「ヤマト」以後、アニメブームが継続していたのだとしたら、「カリ城」の
不発はどう説明するのか ガンダムの打ち切りなどの事実を「おもちゃが
売れなかっただけ」というのも強弁に過ぎる 低視聴率が打ち切りの原因
だったのは明白な事実だが
677: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 00:55:20.24 ID:FpTJaqgR0
>>675
その狡猾なアニメが当時大ヒットしてアニメブームを作ったということ。
さらにそれが海外のSF特撮と繋がりSFブームを引き起こしたということ。

でも一般的にはヤマトは日本アニメ史に残る歴史的な1つでないのかな。
個人的には名作だと思ってるよ。

>>676
そのちょっとした第3次怪獣ブームはあったという見方について語るスレしょw
3次怪獣ブームの存在を理解できるのはそれなりのヲタだからレスが楽しい。
現実(一般的)にそんなブームは無いという意見に特に否定はしないよw

「カリオストロ」の件だが、当時評判の悪かった1作目がアニメブームでそこそこのヒットをした。
これで2作目の「カリオストロ」に繋がったが、1作目を見たファンのリピートが出来なかったのがヒットに繋がらなかった原因。
しかし評価は良くそれ以降ルパンの映画化は続いたと考える。







「カリオストロ」に関してだが、
679: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 01:28:48.92 ID:B+l4j/YQp
>>676
ガンダムは低視聴率でもおもちゃが売れなければ打ち切りはしないってスポンサーに言われたの知らんの?

ナウシカの件とかどうもあんたのはピンとこんわ。
681: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 01:42:02.07 ID:B+l4j/YQp
>>677
ルパンの一作目がヒットした要因は「ナイル殺人事件」というそれなりの話題作が同時上映だったからじゃないの?

まあ、俺は両方楽しみで見に行ったけど、あの当時ルパンはあくまでもナイル殺人事件のB級プログラム扱いだったよ。
682: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 02:10:12.34 ID:FpTJaqgR0
3次ブームが面白いのはユーザー先行型のブームではないところ。
77年に来年はSFブームと市場を想定してマスコミが動いたこと。
次に惑星大戦争のコケタのとアニメブームの高年齢層とドラえもんのリバイバルヒットから
新作ダメでも懐古でウルトラマンは当たるぞとウルトラの書籍、再放送の連発が続いた。
ブームだからおもちゃ・書籍、再放送の連発になったわけではない。
ブームを見越しての商業活動が当たった結果が3次である。

普通は新作ありきで市場が出来て、そこに玩具なり書籍が発売されるが、
3次は逆なんだね。新作と共に終わってしまう。
683: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 02:19:05.46 ID:FpTJaqgR0
>>681
ちなみにナイルと同時上映は地方だけだよ。

ルパンの映画化はいかにもアニメブームでのもの。
最初の放送で視聴率取れず、再放送で人気が出る。ファンもヤマト同様高年齢層。
686: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 09:18:57.81 ID:hQ51BafQ0
>>682

因みにあなたは

第3次ブーム→メディアがブーム見越して再放送や関連商品出した「仕掛け」の結果、と思ってるわけね?

俺は第3次ブーム→仕掛けではなく過去の実績からの再放送の高視聴率。相変わらず売れてるおもちゃや書籍→
そのマーケティングの結果新作や関連商品が更に多数発売された。って見てるんだが。
687: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 22:38:40.24 ID:FpTJaqgR0
>>686
まず、第3次ブームは当時の盛り上がりを後年、
1部のマニアなり怪獣ファンから言われている名称だ。
社会的にブームと言われるには一般的ではない。

メディアの誰もがブームとして「仕掛ける」という意図をもって始めたとは思えない。
私が言ってるのは、懐古ブームが読めるなか、ウルトラマンが流行るのではないかと
いち早く気が付いたのがメディアで、そこからTVの者は再放送で、紙媒体の者は書籍で、
商業活動を開始したということだ。
そこに存在するニーズ(市場)ありきではないということだ。
もちろん、メディアの活動は商業活動なので視聴率や本の実売がそこについてこないと続かないが、
それなりの数字がついてきた。
これをどうとらえるかだが、私はメディアの活動により3次ブームの市場が作られたと考えている。
この事をユーザー先行型で起こったブームではないと言った。

普通、新作の成功があり2番煎じの番組が多数作られブームとなる。1次2次ブームがそうだ。
再放送だとか、書籍の販売は市場が既にあり、その恩恵に預かるのが普通であろう。
だが、3次は逆でブームの恩恵に預かる再放送や書籍が先に起こり、新作と共に終了してしまう。
この事から結果的に「ブームを見越しての商業活動が当たった結果が3次である。」と言い切ったわけ。
690: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/15(土) 23:41:43.79 ID:9oP1uj4r0
低視聴率にあえいで打ち切りとなった「ガンダム」は1979年4月〜翌年1月、
興業としてはコケた「カリ城」は80年の正月映画 この事実から目を背けて
アニメブームが続いていたというのは強引すぎる 「ヤマト」のヒットを支えた
層は、この時期、潮が引くように消えていた コアなファンが残っただけ
「999」などもコアなファン以外は、子どもばかり

「ガンダム」人気は再放送で沸き上がったもので、映画化もそれを受けての
こと そのころでもまだ世間一般にはアニメは「ガキ向け」という風潮があった
というより、大学生年齢の者たち自身の多くがそう見ていた

一方で少しずつ変化も出てきた 小中学生でアニメが好きだった層が歳を
取り、「最近のアニメは違う」とか言い始めた その代表格が「ナウシカ」
だったわけで、20歳前後の若者の間ではアニメは「ガキ向け」という考えは
急速にしぼんでいった この動きは2〜3年で起こったのだが、ほんの少し
前までアニメは「ガキ向け」の風潮が大学生の間にあったということを彼らは
知らなかったのかもしれない
691: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 00:24:16.00 ID:WBzLAu6I0
>>690
アニメブームだからと言って全てアニメ映画がヒットするわけないだろうw
ヒットしなかった理由は述べたつもりだ。
正月映画にしたのは1作目のヒットを真に受けた失敗例だ。
1作目は正月の目玉ナイルがあったのだろうが、今度はなんだ?
正月興行で今度は逆にナイル級をライバルとして公開したらコケるのも当然じゃないのか。

「999」の劇場公開の初日のファンの行列はヤマト級だぞ。
前日の夜8時ごろから並んで朝1番の公開まで徹夜の大行列だ。
ここに小さい子供なんていないよ。
自分は「ハーロック」の映画も徹夜で並んで初日公開を見たぞ。

ナウシカは上でも語ったが、原作のアニメージュはヤマトから生まれたアニメブームの市場に対して
創刊された雑誌。
ナウシカ自体の映画化はアニメブームからの産物であることは間違いない。
693: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 00:43:18.88 ID:WBzLAu6I0
>>690
ガンダムの初回放送の低視聴率も従来のサンライズの延長のヒーローロボットものと思われ、
アニメブームのファン層が気が付けなったと上で語ったが。
絵柄がサンライズなんだよ。これじゃ最初から気が付けない。
694: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 01:09:03.10 ID:YNkiYY8kK
>>693
でもさ、まさにヤマトでアニヲタになった岡田斗司夫が言ってたけど、
ガンダムは始まる前から「今度凄いSFアニメが始まるらしい」と前情報が仲間内から流れてきていて、初回から釘付けで観たって話だよ
でも視聴率などの結果から考えると、そんなアニヲタは少なかったということになる
つまりヤマトでアニメファンになった多くの若者の大半はヤマトオンリーのファン、松本作品オンリーのファンであって、
総体的にアニメ自体が好きというアニメファンになったわけじゃなかったんだよね
いくらガンダムがそれまでのサンライズ物の流れを汲んでたとはいっても、ザンボットから既に従来のロボット物とは違う要素があったのも事実だし、
アニメ自体が好きで幅広くアニメを見ているアニメファンだったら岡田みたいにそれに気付けたはずだもの
彼らと比べたら大半のヤマトファンはヤマト好きではあっても決してアニメファンというわけじゃなかったんだよ
695: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 01:47:17.29 ID:lSaOmpAvp
>>687
2次ブームは新作が起爆剤ではなく再放送の高視聴率や関連商品の売れ行きが好調だったのが基本でしょ?これって常識やん。
696: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 01:51:22.82 ID:lSaOmpAvp
>>694
ガンダムがアニメファンに注目されたのはアニメージュの特集から。これは間違いない。
697: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 01:55:14.66 ID:WBzLAu6I0
>>694
後にオタキングと言われてる人の情報網から、一般の平民アニオタを一緒にして論ずるのはどうかなw

初回放送中には確かに「ガンダムは面白いらしい」とはあったよ。
でも始まる前からってのは情報早杉w 多くのアニヲタは放送前に気が付いていないはず。
698: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 02:01:52.45 ID:WBzLAu6I0
>>695
具体的に。
通常「帰りマン」と「ライダー」の変身ブームからが2次ブームと言われているはず。
特にライダーはカード付スナックが社会現象。それにライダーはその前が無いのだから再放送など存在しない。
1次と2次の谷間のスポ根ブーム時にウルトラの再放送などがあっても、それはブーム勃発の現象とは思えないが。
700: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 02:15:07.43 ID:lSaOmpAvp
>>698
いわゆる変身ブームと巨大ヒーロー物ブームを同一視してるようだけど、帰りマンが作られたきっかけは再放送の高視聴率と怪獣関連の商品が売れ続けてたのが要因。

当時の俺の感想もそうだし、ファンコレにも書いてあっただろ?
703: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 03:03:23.01 ID:WBzLAu6I0
>>700
こういう見方をすると分かりやすいのでは。
ヤマト人気はヤマトの再放送から。アニメブームはヤマトの劇場ヒットから勃発。
これを2次のスタートをこれに当てはめる。
再放送などで巨大ヒーロー物人気から新作「帰りマン」「ライダー」で2次怪獣ブーム勃発。

ここで3次。
再放送からでしか盛り上がらず、新作と共に終わってしまう。
ゆえに怪獣オタだけのブームとしか語られず、一般的に社会現象としてのブームとして認知されていない。
704: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 08:17:19.86 ID:lSaOmpAvp
>>703
第三次ブームだって第二次と同じく子供中心のブームであって、オタクなんかまったくマーケティングの蚊帳の外だったやん。だからオタのブームとかじゃなく第二次ほど盛り上がらなかった幼児中心のブームってなだけ。

なんで拡がらなかったかってーのはやっぱり当時の子供らは第二次の子供らよりも目が肥えてたからだろうね。だからあの程度の新作では火がつかなかった。
705: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 08:30:14.98 ID:lSaOmpAvp
そもそも懐古ブームからの流れで第三次ブームが始まったってこと自体ピンとこないからなあ。何故なら70年代に懐古ブームなんてなかったと思ってるから。

世間での懐古ブーム=レトロブームって一般的には86年からの数年と2000年代の初頭ぐらいしか記憶にない。
708: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 18:32:48.02 ID:WBzLAu6I0
>>704
当時、オタクって言葉そのものが無いからw
マニアだろうね。
>>705
709: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 18:57:16.06 ID:WBzLAu6I0
>>705
最初にピンと来たのが再放送を始めたり書籍の販売を開始したメディアの人達。
あと、マカロニほうれん荘の鴨川やパイレーツの江口、アマ時代のゆでたまご氏も早かった。
もちろん「ブーム」になるなんて意識の元にやってたわけではないだろうが、
彼らのウルトラの露出で3次のマーケットが作られていくわけ。
2次の場合だが、子供たちは怪獣玩具を手放していなかったのでマーケットは残っていた。

3次の懐古ブームはアニメブームを起こしたのが高年齢層でアニメに戻ってきた事。
彼らの幼少期の作品が次々にリメイクなり復活していく。
ここに洋画の影響もあり、SF特撮ブームもアニメブームからの懐古ブームに重なり「ウルトラマン」の復活となるわけです。
3次も高年齢層から始まったんですよ。書籍や再放送は高年齢層もそれなりに見てたはずだよ。
さすがにキングザウルスのソフビや消しゴムまで買わなかっただろうけどねw
711: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/16(日) 19:18:48.70 ID:WBzLAu6I0
>>704
単純に3次は新作ありきで市場が出来ていないからファーストインパクトが弱く、
世間にブーム扱いされてないだけだよ。
一般的にこの時代はアニメブーム。又はSFブーム。
ウルトラマンの復活はその中の1部分にしかすぎない。
だが、当時の1部の怪獣好きが成長して怪獣オタクとなり、この時の怪獣の盛り上がりを、
第3次怪獣ブームと言うようになったわけさ。
713: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 01:41:09.54 ID:RHxQcurYK
>>704
>当時の子供らは第二次の子供らよりも目が肥えてたからだろうね。だからあの程度の新作では火がつかなかった。

これは絶対そうだと思う
だいたい2次ブームの時もマジンガー等のアニメ人気に押されて衰退、収束したのに、
アニメがその後ヤマト等でより深化を遂げたにも関わらず、特撮物の方は相も変わらずスカイや80みたいなやつだもの
あれじゃもう以前みたいなブームにはなりようがない
714: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 01:49:08.14 ID:RHxQcurYK
>>697
>一般の平民アニオタ

じゃあこの平民アニヲタ達はヤマトでアニヲタになった後、他にどんな作品を見てたの?
ガンダムも見てないしザンボットやダイターンも当然見てない。カリ城も見てない、てことはコナンも見てないよね
結局のところさらヤマ以降に見てたのもヤマト2とか新旅とかヤマトだけ、もしくは松本物だけだったんじゃない?
ヤマトからアニヲタになった一般平民アニヲタがヤマト以外で見てたアニメって一体何よ?
717: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 10:17:35.06 ID:NHa84h9d0
本当に第3次ブームがマニアから発生したのなら、なんであの当時のマニアはあんなにも特撮関連の商品に飢えてたんだよ?それはアニメと違ってマニア向けの商品が全くなかったからだろ?

ハイティーン向けに仕掛けられたブームとか言うならそういった大人向け商品がバカ売れ→スポンサーが大人にニーズがあると気が付く→もっと商品を出す→新作も作られる。これが正当な流れじゃん。


どう考えても、再放送も相変わらずいい数字を出す→怪獣図鑑やソフビが相変わらず売れる→幼児向け新商品を出せば必ず売り上げ好調→じゃあ新作作りましょう。

これでしょ?あの当時存在自体が知られていない特撮マニアなんか対象にするわけがない。上でも書いたがいい歳こいて怪獣好きはマジで異常者扱いだった時代だったからな。
718: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 11:40:42.31 ID:4MzoL9Qjp
>>714
あのころアニメージュとか買ってた一般のアニメファンはヤマト「だけ」好きなファンなんてほんの一握りだよ。

ヤマトのおかげでアニメ好きイコール幼稚という図式がくずれ、子供の頃見ていた作品を語ったり、新作も自分に合ったものだけを今までどおり見た。

男はSF性のある作品やメカ、スタッフや技術的なことに興味を持ち、女の子は美形アニキャラや声優目当て。これがあの当時のアニメファン。いろいろなジャンルを見るライトな層で占められてた。

ヤマトブームの頃人気だった昔のアニメはとり
719: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 14:17:18.86 ID:Bdm4S4v40
>>717
3次を起こしたのは
アニメブームを作った年齢層の高いマニアに対応したメディアの人達の先見性。
SFブームを背景に「ウルトラマンがくる」と予見できたのは、アニメブームのからの高年齢層のマーケットからだ。
(717氏のレスにも書いてあるけど「〜子供の頃見ていた作品を語ったり〜」とあるでしょ。SF特撮を背景にアニメじゃないけどウルトラマンなどはその筆頭)
彼らのウルトラの再放送や書籍で大百科の発売などの商業活動から下の年齢層に3次のマーケットが生まれ育っていったわけ。

私が言いたいのはアニメブームから起こった懐古ブームが3次ブームを作った大きな要因だということ。
アニメブームは高年齢層が起こしたわけだから、ここからスタートしたと言ったわけ。

>本当に第3次ブームがマニアから発生したのなら、〜
3次がマニアから生まれたって、どこに書いてあるんだい?
721: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 14:49:27.56 ID:gM+yhTFY0
>ヤマトのおかげでアニメ好きイコール幼稚という図式がくずれ、

これはない 「ガンダム」放映当時、「ヤマト」から離れた、普通の
高校生らはアニメ好きイコール幼稚の見方をしていた 「ナウシカ」の
ころになってようやく大学生年齢でアニメをまじめに語ってもおかしく
ないという人が出始めたが、それでも世間ではまだアニメ好きイコール
幼稚だった その図式が本格的に壊れるのは、この当時の大学生が社会に
出るころ、つまり平成になってからのこと

>アニメブームから起こった懐古ブームが3次ブームを作った大きな要因だということ

これもない そもそも「ガンダム」のころにはいったん潮が引いていた
この時期にあったのを怪獣ブームと呼ぶとしてもそれを支えたのその
当時の若年層 「ヤマト」ブームを支えた層ではない
724: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 15:08:44.11 ID:Bdm4S4v40
>>721
自分の論理を通すために。
「ヤマトブーム」=「アニメブーム」として語っているよ。

ヤマトブームはヤマト再放送から。松本アニメが高視聴率を取れてる間の事だろうね。

アニメブームはヤマト劇場ヒットから生まれた市場。
ヤマト以外のアニメ映画の単独劇場公開を成り立たせ、アニメージュなどの雑誌を創刊させた。
このアニメブームゆえにガンダムの映画3部作の成功や宮崎アニメの成功がる。
726: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 15:55:52.84 ID:4MzoL9Qjp
>>719
>3次がマニアから生まれたって、どこに書いてあるんだい?

↓これってマニアも含めてとかの意味じゃないの?

3次も高年齢層から始まったんですよ。書籍や再放送は高年齢層もそれなりに見てたはずだよ
728: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 16:10:37.01 ID:Bdm4S4v40
>>726
確かに含んでいるよ。
でも高年齢層=マニアでは無いよ。
当時、オタクって言葉も無い時代でね。
当時の高年齢層の特撮だとかアニメのマニアってかなりマイノリティな存在。
彼等単独でマーケットはまだない。
マニア枠を大きく超えたのでブームという現象になったわけ。
730: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 16:28:20.52 ID:4MzoL9Qjp
3次を起こしたのは アニメブームを作った年齢層の高いマニアに対応したメディアの人達の先見性。
SFブームを背景に「ウルトラマンがくる」と予見できたのは、アニメブームのからの高年齢層のマーケットからだ。

↑これが納得いかんわ。

ハイティーンでもアニメは見るもんだとヤマトのヒットによりそういったことはメディアに認識されても、アニメよりさらに幼稚だと認識されていた怪獣や変身物を好きなハイティーンなんて、
そんな頭のおかしい奴はこの世にいるわけ無いと思われてた時代に、高年齢層に対して幼稚の最下層であるウルトラやらライダーを仕掛けるわけが無い。

だからその証拠としてアニメような大人向けの商品や雑誌・テレビでの特集も全く無かったと言ってる。だからあんたの言ってることは全く根拠が無いんだよ。
731: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 16:35:07.12 ID:4MzoL9Qjp
>>721
幼稚だとは言われたてた事ぐらい知ってるわw

あくまでもアニメ好きの奴らの中で「俺たちの好きなアニメはそんなにも好きと言って恥ずかしいものでも幼稚でもないみたいだ」と認識されて、照れずにアニメの話をいい歳こいても出来るようになったという意味だ。一般人のレッテルのことじゃない。
732: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 16:54:46.58 ID:4MzoL9Qjp
スターウォーズが来る前に東宝が「惑星大戦争」作ったが2次ブームの延長のような作品でこける。
久々の本格SFということで、過去の東宝作品や円谷作品が紹介される。
ここに「ウルトラマン」も久々にメディアに登場。これが77年暮れ。

↑テレビでもそんな記憶全く無いし映画雑誌・少年誌でも記憶がない。いったいどんなメディアでどんな紹介されたのか?
734: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 18:01:54.54 ID:RHxQcurYK
>>730
>だからその証拠としてアニメような大人向けの商品や雑誌・テレビでの特集も全く無かったと言ってる。

ファンコレとかは違うの?あれは完全に子供じゃなくマニア対象ムックだったんじゃない?
それと、おそらくヤマトのドラマ編のLPにあやかったんだろうけど、ウルトラシリーズでもそういう音声収録のアルバムが当時出てたはずだよね
あれも子供対象というよりはマニア向けっぽい商品じゃない?位置付け的には後のビデオソフトに相当するような感じの商品だよね
735: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 18:14:32.95 ID:NHa84h9d0
第三次ブームの幕開けは首都圏の再放送が異常な高視聴率をたたき出したのがきっかけ。
これをきっかけに再放送が全国にも飛び火して「ウルトラマンフィーバー」となったわけ。

この首都圏での最初の再放送に「次に来るブームはウルトラマンだ!」というテレビ編成局の意思などないだろう。

彼らはいつでも単純に過去の再放送で高視聴率を出したものを選んでいるだけ。

仮にそこにケイブンシャの児童向け書の大ヒットは関係していても、ファンコレウルトラマンの影響なんて全くないであろう。
736: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 18:25:39.08 ID:NHa84h9d0
>ファンコレとかは違うの?あれは完全に子供じゃなくマニア対象ムックだったんじゃない?

だってそれしかないんだもんw本当にウルトラもゴジラもファンコレ1冊だけw

ということは売れなかったってこと。売れてたら他の出版社がマネしていたはず。業界は今でもそのやり方だろ?

彼の言うように高年齢層が主体のブームならライダーとか含め他の作品の大人向け商品があってもおかしくないのに皆無。

アニメはヤマトだけじゃなくいろんな作品の青年向の本や商品があった。
738: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 19:52:23.09 ID:Bdm4S4v40
>>736
ファンコレ、シリーズ化してるんだし売れたでしょ。
ファーストのヒットと2番煎じには少し間がある。
2番以降はあまり間がない。流行りものとはそんなもんだよ。
3次で特撮系書籍が沢山発売されたのはソノラマのファンコレが下地にあると思っているが。
739: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 19:58:58.24 ID:Bdm4S4v40
>>730
だからSFブームが同時期にあるでしょ。
ヤマトをヒットさせた高年齢層と世のSFブームは被るよ。
>>735
だから、東宝が「惑星大戦争」作ったって言ったしょ。
東宝の本格SF特撮も久々だった。ここでメディアが過去のゴジラだとかウルトラマンを紹介した。
アニメブームで起こった懐古ブームは特撮作品にもリンクしたんだよ。
そして
78年の頭にファンコレでウルトラマン、ゴジラの特集が起こり、メディアの再放送でしょ。
さらにハリウッドでスーパーマン制作のニュース。
スペースオペラからヒーローものが流行るとメディアの人間なら気が付くはずだ。
そもそも日本の特撮は惑星大戦争での失敗で懐古での昔の作品ウルトラマンの再放送が手っ取り早かったって事だね。
740: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 20:14:40.27 ID:Bdm4S4v40
>>732
tvでは無いよ。何十年も昔のことだから、明確に覚えていないけど雑誌で
少年マガジンにチラッと載ったのは憶えてるよ。小さくね。
懐古の乗りで見れば衝撃的だった。

>>736
アニメで書籍が多いのはヤマトという新作の大ヒットありきで始まったからだよ。
書籍はヒットした商品の2次的商売といっていい。再放送も同じ。
ウルトラマンの特撮系は新作が無い分、動きが遅い。
741: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/17(月) 20:19:49.45 ID:Bdm4S4v40
>>735
>この首都圏での最初の再放送に「次に来るブームはウルトラマンだ!」というテレビ編成局の意思などないだろう。

もちろん、そもそも一般的に「3次ブーム」などブームとして認知されていないレベル。
「ウルトラマンくるかもね」くらいだろう。
そういう気運があったということだ。
その気運を作ったのがヤマトから始まるアニメブームにおける懐古ブームと海外SFからくると言われたsfブームだよ。
747: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/18(火) 09:05:10.00 ID:DVQqYO7rH
いや、ファンコレはむしろ後発だよ
ウルトラの再放送の他に他の円谷、他社の特撮モノも多数放送されている
ミラーマンもライオン丸含むピープロのファンコレも再放送の後に発売されている
ウルトラの再放送はファンコレ以前から視聴率高かった
749: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/18(火) 10:02:32.56 ID:fTIq9XPg0
>>747
うん。三次ブームは朝の再放送の高視聴率から始まってるんだよ。これは間違いない。

そこに再放送以前からウルトラマン大百科(めちゃくちゃ売れたらしい)とかキングザウルスのユーザーであった子供たちが喰いついた。それで「ウルトラフィーバー」という、当時のメディアが名づけた大ブームが起きた。

ずっと誰かさんが主張してるように「テレビ局側がファンコレやアニメブーム・SFブームから影響受けて、次に来るのはウルトラマンだと予想して再放送をウルトラマンにした」ってのはどう考えてもあり得んのよ。

アニメブームやSFブームみたいな高年齢層が対象で作り上げられたブームであるわけがない。
752: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/18(火) 10:23:04.24 ID:iqJpSv5a0
>>512
TBSとMBSがネットするようになってからの
MBS製作の東映特撮は枠自体があまり続かないからな
754: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/18(火) 11:16:32.51 ID:DVQqYO7rH
アニメも特撮も本来ジャリ番じゃん
どうしてこんなに違うのか?と思ったものよ
755: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/18(火) 12:25:08.55 ID:fTIq9XPg0
>>754
そりゃあみんな特撮物なんて小学校低学年で卒業するもん。俺らの方が極めて少数派だもん。
でもアニメからの卒業はなく高学年も中高生もジャンルは違えどそれなりに見てた。

そのせいで特撮番組=幼児が見るもの=いい歳こいて見ている奴は頭がおかしい。
というレッテルを同世代からすら貼られても当然と言ば当然だった。
756: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/18(火) 13:08:45.89 ID:DVQqYO7rH
特撮モノといえば殆どがヒーローものか怪獣モノでしょ
でもアニメはスポ根ものもあればベルばら、ルパンみたいなのもあった
元から高い年齢層のもの作ってもおかしくなかったんだよね
でも特撮モノというテレビジャンルは本来は存在しない、ドラマの一種なのだから
もちろん、一般向けのドラマでも少なからず特撮は使われているが、特撮モノとは言わない
特撮モノといえば、ヒーローや怪獣が登場する子供向けドラマや映画を呼ぶのだ
今や一般向けドラマでもSFやファンタジーは普通に製作されているし、「下町ロケット」の様な特撮が必要不可欠なドラマでは普通に使われている
完全に定着しているからもう特撮ブームとか、そんな現象は起きないだろうね
もちろん、アニメも完全に定着しているから、アニメブームも起きないね
どちらも通過儀礼みたいなものだったのだろうね
757: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hbb-LJCv) 2018/09/18(火) 13:16:50.16 ID:DVQqYO7rH
>>756
訂正

特撮ブーム じゃなくて 怪獣ブームでしたね
763: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/18(火) 15:23:51.10 ID:LnQsTQWUK
>>756
この頃にやってた西遊記は特撮多用してる一般向けドラマとしては割りと早かったんじゃないの?
765: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/18(火) 16:00:49.29 ID:KprE/Bds0
>>749
誰も3次ブームを起こすとか思ってないよw

SFブームになるにあたってなにをすべきかとメディアの動きの流れの1つに
懐古ブームを背景に1次のウルトラマンにたどり着いているということだ。

その懐古ブームはヤマトをヒットさせた高年齢層の若者。
スタートは高年齢層と言っても間違いではあるまい。

ちなみにスタートさせたのは高年齢層だがブームにまではなっていないのは確かだろうね。
低年齢層に広がってブームと言われるほどになった。まぁ一般的にブームと言われるほどでは無いのだが。
3次のブームの始まりを語ってるわけでね。
780: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hed-XS6U) 2018/09/20(木) 08:30:52.43 ID:GpX+JfymH
金田一ブームは角川映画「犬神家の一族」のヒットがきっかけ
森村誠一の「人間の証明」のヒットでテレビシリーズも作られた
781: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hed-XS6U) 2018/09/20(木) 10:29:38.52 ID:GpX+JfymH
第3次ではないけど、レトロブームの後に作られた「仮面ライダーBLACK」
製作の引き金になったのは、前年の紅白歌合戦において加山雄三さんがやらかした事だと今でも思っている
782: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 13:04:03.32 ID:sLggvCi50
80年の3次の終了からビデオデッキの普及と共にレトロブームは継続し、
84ゴジラの誕生となり特撮キャラの懐古ブームはひとまず休息する。
ここからVSビオランテぐらいまでが怪獣ブームの第3期谷間。
ビオランテの次作VSギドラから玩具業界が呼応し新作ソフビが沢山作られるようになる。
ソフビのクオリティも上がりマニアにもコレクションアイテムとなっていく。
時代はフィギュアブームへ。
そして「フィギュア王」創刊とウルトラマン新シリーズ(ティガ)の復活がほぼ同時期に起こる。
ティガの復活により、円谷、東宝、東映のシリーズ物がそろい踏みしたことになり、
まさにかつての怪獣ブームのようになる。
「フィギュアブーム」こそ「第4次怪獣ブーム」であったと言って良いのではないだろうか。

現在フィギュアブームは落ち着き、かつてのブームと言われる隆盛は見る影もないが、
フィギュアの市場はどうにか安定し残っている。定着したと言って良い。
これもまた、今日の怪獣ブームの行きついた現状と酷似している。
つまり第4期の大きな谷間が存在せず落ち着いたことで、4次怪獣ブームと言われないというか存在しないのだと思う。
783: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hed-XS6U) 2018/09/20(木) 13:48:04.15 ID:GpX+JfymH
その第4次ブームと仮に呼ぶことにして、その時、やたらとゴレンジャーが扱われる様になってきた
その時じゃないかな、石ノ森先生が鬼籍に入られたの
石ノ森先生の没後、ゴレンジャーとジャッカーが後付けで正式にスーパー戦隊シリーズに編入された頃じゃないかな?
784: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 16:49:01.20 ID:1lDoKLxGK
>>780
まずブームが先にあって映画が作られたわけじゃないの?
それと劇場版999で市川崑が総監督になってるけど、これはやっぱり金田一映画人気のバブルみたいなものだったの?

>>781
メタルダーで東映に石森プロからクレームが来て、そのバーターとして制作が決まったと聞いたことあるけど
786: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 17:12:20.87 ID:uCTXmIGY0
>>783
オーレンジャーのころにゴレンジャーとジャッカーが
スーパー戦隊シリーズに本格的に入るようになった
ただし正式にゴレンジャーとジャッカーが入ったことが明確に判明したのは
タイムレンジャーの特別編で紹介された時だろう
787: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 18:07:15.44 ID:Y4l/KFVO0
>>781
ひょっとして長文のあなたは「ビデオデッキの普及にアダルトビデオ・裏ビデオの影響なんてほとんどない!」と頑なに主張してた人か?w

なんかピンとこないところがそっくりw
ベビーバディ おもちゃストラップ2色各1本組 ネイビー/レッド(2本入)【Baby Buddy(ベビーバディ)】
ベビーバディ おもちゃストラップ2色各1本組 ネイビー/レッド(2本入)【Baby Buddy(ベビーバディ)】
788: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 18:12:12.38 ID:sLggvCi50
犬神家の一族の映画のヒットは2次と3次の谷間でけっこう特撮ファンも食いついてる。
劇場版999に市川崑の名があるのも分からなくもないが、、、

当時、角川が凄いと思ったのは金田一のシリーズの映画化をあっさり東宝に譲ったことかな。
もしかしたら。映画化の権利を東宝に負けたからなのかも知れんが、、、
角川映画は角川文庫を売る宣伝ツールみたいなとこがあって、金田一のシリーズを
他社にやらせることによって文庫の宣伝をさせたようなものだった。
角川映画はというと横溝正史に固執することなく、他の作家の映画化の大宣伝で文庫を売りまくった。
映画の成功で角川(すみかわ)と揶揄されていた2流出版社は一気に1流出版社に上り詰める。
角川春樹という男の手腕だ。
789: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 18:16:18.00 ID:sLggvCi50
>>787
その1文と782のレスは関係ないだろう。
昔のレスまで出さないとピンと来ないところを指摘できないのかい?w
791: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 19:41:05.07 ID:1lDoKLxGK
>>788
完成は遅れたけど松竹が八つ墓村の制作をほぼ同時期か少し前から始めてるよね
てことは、やっぱり映画のヒットでブームになる以前からある程度以上の横溝ブーム、金田一ブームの兆しみたいなものはあったんじゃないの?
そう考える方が自然だと思うけど
792: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 19:44:47.00 ID:1lDoKLxGK
>>786
オーレンジャーには宮内洋が出てたから、もしかしてそれがきっかけになったのかな
793: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 20:02:36.06 ID:sLggvCi50
>>791
映画の前にあったとしたら角川の「犬神家の一族」の文庫のキャンペーン。
795: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 22:01:40.72 ID:aXJcBWdKK
流れと関係ないが
少女マンガでも本筋とは無関係にオタク趣味を持ち込んだ作品があり
いがらしゆみこの中編ではレッドビッキーズ風(これは特に意識してないだろうが)
の少女監督がゴッドバードを所持していたり
ひたか良「チャイニーズ台風」には、血を見るとタツノコヒーローなどになりきりパワーアップする「おかま」キャラが存在したりする。
雑誌掲載時に読んだわけではないので、発表された時期などちゃんと確かめてないのであしからず。
796: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/20(木) 22:17:31.18 ID:2g36N7god
>>792
オーレンジャーは95年で、ゴレンジャーから数えてちょうど20年目の作品
メモリアル作品ということで初代メンバーの宮内がキャスティングされた
マスクが口部まで彩色され
エンブレム状のゴーグルのみ目立つようになってるのも初代のゴレンジャーリスペクト
関連書籍でも石森が『ゴレンジャーから始まるシリーズ』と発言して
公式認定はほぼこの95年とみられる
もちろん、『スーパー戦隊シリーズ』とタイトルが銘打たれるようになった
タイムレンジャー(00年)からとしても決して間違いじゃない
797: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/21(金) 01:44:05.17 ID:gQftraTyp
>>789
自分の間違いを絶対に認めないのがソックリっすからw
799: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/21(金) 22:59:05.55 ID:XnAksPCV0
>>797
>>782に間違いがあると言い切れるなら指摘してほしい。
2つのレスに間違いを指摘出来てこそ「そっくり」と言えるのではないか?w
800: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/21(金) 23:33:31.54 ID:AnZP6zKw0
>>796
あと田中信夫と大平透が起用されたのも同じ理由だった
ライブマンに伴直弥が起用されたのもメモリアルの意味合いがある
801: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/22(土) 05:31:04.09 ID:RRQ4V0kZK
>>795
もっと古くは、例えば青池保子の漫画とか話に関係無くキャラデザが実在のロックミュージシャンを模していて、ヲタ趣味丸出しだった
自分は少女漫画それほど知らないが、多分更に昔からそういうのはあると思う
803: どこの誰かは知らないけれど 2018/09/22(土) 10:45:01.67 ID:QUsN6K3t0
>>801
それ含めマカロニホウレン荘やパイレーツ等の作者なお遊びを「懐古ブームの影響」とか決めつけてる奴がいるけどねw

いい加減に間違いを認めりゃいいのにw
826: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/15(木) 02:17:55.93 ID:yQlP4ix/K
デンジマンの主題歌2曲とも電子音アレンジがめちゃめちゃカッコいいけど、あれって当時YMOのアレンジも担当してた人が手掛けてたんだってね
特撮やアニメとテクノポップって親和性が高そうな気がするけど、当時リアルタイムで特オタだった皆さんもYMOは聴かれてましたか?
828: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/15(木) 21:42:31.56 ID:00yyioWz0
>>826
特撮やアニメとテクノポップって親和性が高そうな気がするというのは、今の感覚でしょ。

YMOを聞く比較的年齢層の高い世代は、ヲタでも懐古ブームからの懐かしの特撮の延長であって、
当時の海外特撮に劣る子供むけ特撮TVには関心がいまいちだったというところかな。

ちなみに当時「オタク」という言葉はない。そんな時代。
YMOをしっかり聞く層って、洋楽ファンが多く日本の歌謡曲をバカにするのが多かった。
それらが当時の戦隊特撮とリンクしてる確率は極めて少ないと思う。
830: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/16(金) 01:00:18.04 ID:WhzeJLMp0
>>826
小学生〜中学生にかけて、
YMO、ファンコレ、ホビージャパンとかにドップリだったよ
ガンダム、そんなに好きじゃなくてもガンプラの発売日には並ぶ
音楽はYMOしか聞かない
そんな子が多かった(僕は今でも引きずってるので真正)
ブームは確実にあった
電子音も、子供番組に多く聞かれるようになった
841: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/20(火) 15:45:06.07 ID:ZJI2sMXKp
>>830
>音楽はYMOしか聞かない
>そんな子が多かった

いくらなんでもそれはないだろ。
中高大学生なら普通にベスト10に出てた連中や洋楽中心。オタクのハイティーンなら洋楽好きがかなり多かった。
843: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hb9-8XEG) 2018/11/20(火) 16:47:54.02 ID:rQkWwMYdH
>>841
当時は歌番組の観ないアニヲタ多かった(アニメック読者欄でも話題になった)
特ヲタはそうでもなかったみたいだけど?
844: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/20(火) 22:47:39.75 ID:DcskJJLx0
>>841
細野さんだったかのインタビューで、
「YMOは今音楽を聞いている中心層ではなく、それより若い世代がターゲット」
的な内容のものがあった

音楽を聞く習慣がない小中学生に、YMOはダイレクトに刺さった

僕も、当時のYMOのジャンルは、「音楽」じゃなくて「SF」
ビジュアル的にもSF特撮好きと親和性が高かった
他の音楽は聞いてなかった
845: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/21(水) 00:43:19.52 ID:b7yRtmUHp
>>844
だからお前だけだってw

ほとんど話題にもならんかったわw
846: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/21(水) 00:55:38.83 ID:b7yRtmUHp
>>843
それは理解できるけどもYMOの売れた80年はオタクライフ満喫できるほどのアイテムが無かったからなあ。

ビデオデッキが普及するのもこの数年後だったから普通の歌番組も自然な流れで見てた。
ビデオデッキ買ってからは録画したアニメ・特撮ばかり見てたから、俺も歌番組見なくなった。
850: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/21(水) 06:03:29.87 ID:fsLCOjJyK
昭和の「おたく」でもスポーツなんかまるで見ない奴から
プロ野球などに異様に詳しい奴まで様々だったが
実際にプレーするのがうまい奴は稀。
オタクアミーゴスのように(劣等感ゆえ)洋楽を敵視する輩もいれば
カンタベリー派だのメタルだのにハマってるのもいが
清潔感と見てくれの良さを兼ね備えてた奴は稀。
これも偏見に過ぎないが…
851: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hb9-8XEG) 2018/11/21(水) 10:19:40.83 ID:GE/NTclYH
俺は野球は観なかった
親父や兄貴が野球ばかり見ていて、嫌でも付き合わされたのでうんざりしていたのだろう
でも「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」は面白かったな
スポーツでは格闘技系が好きで、プロレス、プロボクシング、大相撲、キックボクシングの他にプロ空手もあったね
「ザ空手」のタイトルでテレビ放送もしていたね
リングロープが荒縄だったり、レフリーが袴履いて「主審」と呼ばれていて、カラー道着で素手なところ以外はキックボクシングとそう変わらなかったが・・・
プロレスが一番夢中で観ていたが、最近はさっぱり観なくなってしまった
有名なレスラーが年よりばかりなのと、現役で主力でやっている選手をよく知らないからだろうけど
ただ、以前の活気を取り戻しつつある(特に新日)のはいいことだと思うので、今後も頑張って欲しいと思っている
852: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/21(水) 16:54:56.99 ID:MhLUP/bWK
プロレスがオタクと親和性が高かったのはよくわかるけど野球も好きな人がいたってのは意外でした
それこそオタキングの岡田が野球中継を目の敵にしてたので、ずっと野球=オタの天敵みたいに思ってしまってたw

>>850
>カンタベリー派だのメタルだのにハマってるのもいが

メタルはまだ一般的だと思うけどカンタベリー派って結構なマニアじゃない?w
その辺は洋楽好きやプログレ好きでもわりとディープな界隈だよ。特撮オタ凄いね

>>851
昔の猪木時代の新日が好きだった人が今の新日のプロレスを好きになるとは思えない
全日系の四天王プロレスから危険技を省いてもっと安全にしてアメプロ演出を施した感じだから、昔の猪木信者が好きなストロングスタイルとでは
もう丸っきり違うよね
昔好きだった人が見てないのはそういう所も大きい気がする
854: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hb9-8XEG) 2018/11/21(水) 17:34:10.99 ID:GE/NTclYH
以前の新日的要素は今は、「総合格闘技」と呼ばれているスポーツにあるのかな?
しかし、呼びにくい名前だね(「そうかく」と呼んでもぱっとしない、格好悪い名前だ)
ブラジルの「バーリトォード」という発音し辛い格闘スポーツが元になっているから定着しないんだな
あれは何の予告もなく、あっけなく勝負が着いちゃったり、こう着状態のまま引き分けになったりして、流もメリハリも無いから俺の様な世代には馴染みにくい
大相撲やプロボクシング、アマチュアレスリングや柔道観ている方が面白かったりする
856: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/22(木) 02:00:23.27 ID:wHS87r8TK
>>854
猪木としては全日のプロレスと差別化する意味で格闘技色を取り入れて「こっちが本当の真剣勝負のプロレスだ」って言ってたんでしょ?
で、それが成功して人気的には新日が全日を圧倒してたんだろうけど、後にプロレスよりずっと本物っぽい格闘技が台頭してきたことで行き詰まったんだろうね
多くの新日ファンは「格闘技だから新日が面白い」って思ってたんじゃないかな
なので彼らはPRIDEやK-1なんかに移っていって、そこにミスター高橋の暴露本が出てかつての新日ファンはすっかり消えた、みたいな流れだと認識してます
858: どこの誰かは知らないけれど (JP 0He7-bAMj) 2018/11/22(木) 10:24:12.59 ID:NsiVPLpFH
>>856
でも結局はPRIDEは消えたし、K-1も名前だけは残っているけど、事実上別団体でしょ
「総格」と呼ばれるバーリトォードも一部は残っているけど、以前の繁栄はもう無い
それでプロレスは新しい形で盛り上がってきているんだよね
結局はプロレスはレスラー同士、大相撲は力士同士、ボクシングはボクサー同士で試合するのが一番面白いということだね
昭和40〜50年代はブルース・リー人気にあやかってプロ空手が出来たり、猪木が異種格闘技戦やったりして、今思うとマンガチックだったけど、だからこそ子供たちのハート鷲掴みに出来たんだろうね
いい時代だった
自分も理解し辛かったアマレスや柔道も理解して観れる様になったし、スポーツ普及の役割りは充分果たしたと思います
860: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/22(木) 13:48:01.36 ID:wHS87r8TK
>>858
勿論それはわかるよ
何が言いたかったかというと、かつてのストロングスタイル信者みたいな新日ファンはプロレスを去って全く新しいファンに入れ替わったってこと
それにしてもPRIDEみたいな格闘技イベントが衰退した後は、そちらに移ってた元新日信者はどこに行っちゃったんだろ
もう格闘技ファンも引退してんのかな
871: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/24(土) 00:14:53.47 ID:fTVR3nSg0
ハンセンブロディや長州は完全な悪役でもなく不良とかアウトロー的な立場だったから
少年たちが憧れるのは当然だろう

当時は格闘技という分野を解っているつもりで実はプロレスショーにどっぷりと浸かって
梶原一騎のアホみたいな妄想を信じていた
872: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/24(土) 00:44:04.65 ID:raOPS7WLp
>>871
あの頃のプロレスは幻想とワンダーに満ち溢れてた。
まあ、それは単なる情報不足だっただけなのだが、
妄想大好きな特撮少年にとっては超一流のエンターテイメントだった。
闘いのワンダーランドとはよく言ったもんだよね。古舘は天才。
874: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/24(土) 01:14:12.16 ID:4iMSEI5cK
>>871
なるほど
自分はその辺リアルで見れてたわけじゃないんでヒールと不良系の違いとかまでは思いが至らなかったw
ただそれでも70年代まではキャーキャー声援を浴びてたはずのファンクスが、あんなに人気激減するのにはビックリする
単にスタイルが時代と合わなくなってきたからなのか、単純にハンセンの方がかっこよく思えたのか
875: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/24(土) 01:50:30.79 ID:fTVR3nSg0
>>874
俺は当時、数少ない全日派だったw
しっかりとしたプロレスをするファンクスや鶴田よりも
ハンセンやブロディの野性味あふれるファイトに魅了されてたよ
876: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/24(土) 05:33:38.74 ID:4iMSEI5cK
>>875
ブロディってハンセンに合わせて暴走ファイトしてるけど、シングルマッチだと割とクラシカルでオーソドックスなスタイルじゃない?
所々大技で豪快さは見せるけど全体としてはちゃんと組み立てた試合やってる印象
877: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/24(土) 15:21:42.83 ID:GHpFjjWnd
あの時期はワンセブンやジャッカーの打ち切り後、スパイダーマンくらいしかまともなヒーロー物がなかったな。
78年前後は日本特撮の谷底時代だった。
887: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/27(火) 20:36:36.54 ID:/Mg/h/V20
5人ライダーの企画を蹴った毎日放送が、その後のゴレンジャーのヒットを見て何を思ったのか…
アレに難色を示した局幹部は一人って事は無いだろうが、何らかの責任は取らされたんじゃないのかねw

とりあえず閑職への更迭ぐらいは免れないかな。
888: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/27(火) 22:21:55.33 ID:lw41bHSX0
そういえばキャプターって何で戦隊シリーズに入れてもらえないんだろうね
889: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/27(火) 22:35:42.21 ID:tuKaACylK
>>887
ビートルズをオーディションで落とした人は、その後会社をクビになりそうだったらしいからねw
でももし5人ライダーや戦隊物を毎日放送がやってたとしても長くは続かなかっただろうね
一番長く続いた1期ライダーでも5年だし、2期やBLACKや鉄人等の他のシリーズは2年で終了ばかりだもの
890: どこの誰かは知らないけれど (JP 0He7-bAMj) 2018/11/28(水) 10:30:10.58 ID:n2/WtJIyH
>>888
そうそう、今、他のスレでもゴレンジャー、ジャッカー以外はどうしてスーパー戦隊に入れて貰えないのかと話題になっている
八手三郎原作は合っているけど、キーが東京12チャンだったのとロボットが出ないということではぶられている
でもBFJは12チャンで放送する可能性もあったし、キャプターからのスタッフも多数参加していると聞く
ゴレンとジャッカーだけが特別扱いというのもなんだかなぁ・・・当時から知っている者としては・・・
ゴレンジャーの大ヒットは誰もが認めるけど、ジャッカーは打ち切り作品だよ!特別扱いじゃね?
891: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/28(水) 12:06:24.27 ID:eg1FM8wZK
>>890
>でもBFJは12チャンで放送する可能性もあったし、キャプターからのスタッフも多数参加していると聞く

もし予定通りにBFがスパイダーマンの後番組としてテレ東で作られてたら、その後のスーパー戦隊シリーズ自体が存在してなかった可能性が高いのでは?
デンジマンに戦隊の冠が付いてその後も「戦隊」が続いたことで結果的にBFも戦隊シリーズの中に組み入れられたけど、テレ東で放送してたらそのようにはなっていない
それにスタッフが被っていれば同一シリーズ扱いというのもおかしい
それなら少なくともキャプター側のPとメインライター位は被ってないとダメだね
894: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/28(水) 12:31:11.55 ID:Z6/Z+81Ld
戦隊と名乗る以上、ゴレンジャーは外せない
そしてジャッカーはその路線第2弾
それだけのことだろ

デンジマンが戦隊なんて付けてなけりゃなんのこたなかった
なんでデンジマンで戦隊なんて付けたか考えた方がいいんじゃね?
897: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/28(水) 16:35:04.08 ID:eg1FM8wZK
>>894
デンジマンは戦隊と名付けられたばかりかヒーローの人数やカラーリングまでゴレンジャーと同じだった
後にゴレンジャーとジャッカーをスーパー戦隊に加えて正式に戦隊シリーズの始祖としたのも、
デンジマンの時に石森プロからクレームがあったことを考慮して気を使ったというのもあるだろう
因みにサンバルカンでは人数が、ゴーグルVからはカラーリングが変わったのも石森プロからのクレームが関係ありそう
898: どこの誰かは知らないけれど (JP 0He7-bAMj) 2018/11/28(水) 17:22:49.07 ID:n2/WtJIyH
ゴレンジャーは白波五人男、ジャッカーはトランプ、アクマイザーは3銃士、BFJは5大陸を代表する戦士といった明確なキャラクター付けがあったのに、デンジマンは「デンジ星の科学力を受け継いだ戦士たち」という以外は明確な性格づけが無かった
それでゴレンジャーで使われた色分けコンセプトを導入したんだろうね
たまたま、似てしまったに過ぎないんだと思う
2年後のゴーグル?も色ネーミングになったが、ゴーグルの縁取りに古代文明の意匠を取り入れて差別化を謀っていた(ドラマには活かされなかったけど)
でもダイナマンは本当に色分けだけだったね(変身前のキャラクター分けはしっかりしていたが)
899: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/28(水) 17:39:37.93 ID:xQT2snWi0
>>887
局幹部が5人ライダー蹴って責任とか?

つか、誰も長すぎた2次怪獣ブームが終わった時代背景を考えずにレスしてるよw

戦隊ものは上のレスでもあったが怪獣ブームとは別枠の流れだよ。

ちなみに、プロレスの話題が続いたが、2次はSF色が薄くなり、怪獣怪人プロレスショーを続けて飽きられた感がある。
視聴者は着ぐるみ偽物怪獣プロレスショーに飽き、本物のプロレス魅了されていったと考えると
ここでプロレスの話題が続いたのも理解できるw
901: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/28(水) 18:44:21.14 ID:eg1FM8wZK
>>898
>たまたま、似てしまったに過ぎないんだと思う

たまたま似てしまったとしてもスタッフの誰しもがゴレンジャーを思い出さなかったはずがないw

「これあまりにゴレンジャーぽいよね」と思ったはずなんだから石森プロ側に一言言っておけばよかったのにねw
メタルダーの時も同じようにクレームがついたらしいしw
905: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/28(水) 23:53:27.66 ID:V85pU0XB0
>>897
正式に石ノ森戦隊がスーパー戦隊として扱われるようになったオーレンジャー以前は
グリーンよりブラックの方が多かったのもそういう事情が関係しているかも
906: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/29(木) 03:38:30.63 ID:9S3gKnwgd
>>901
てか、BFJの時点でこれじゃゴレンジャーだろって意識あったと思うぞ
世界各国からスペシャリストが秘密結社対抗に集結する
ここでゴレンジャー出てこなかったら
自分たちのやってることにどんだけ無頓着よってことになるよw
Pにライター、監督にキャストまでゴレンジャー経験者なんだよ
むしろここでゴレンジャーやる気になっててもおかしくない
これがうまく行ったからそんじゃあ本気でゴレンジャーってのがデンジマンなんじゃねえの?
なんとなくたまたまだったらこりゃ商業映画製作会社として信用なくす
他の会社がやったんならパクりイタダキ上等なんだから笑って済むが
東映キャラクター路線をパートナーとして確立した石森に対しなんとなく似ましたじゃ
それは悪質意外の何者でもない

ライダーの再開もスパイダーマン最中には動いてるし
BFJの企画初期には平山亨も噛んでいる
ある程度は双方認識だったんじゃね?
石森プロのクレームも風聞だけだし、あったとしても形だけだったんじゃねえのか?
本気だったら再開したライダーにも障るし
その後のロボットコメディなんかやるわけない
サンバルカンになったらゴレンジャーからの集結企画を記事や図鑑でやらかしてさ
本気なら企画した講談社や徳間書店とは縁切りになってもおかしかないぞw
911: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/29(木) 10:39:03.06 ID:EiupZJldK
>>906
>本気だったら再開したライダーにも障るし
>その後のロボットコメディなんかやるわけない

でもメタルダーの時にもクレーム入れたと言われてるからね。その時だってBLACKの企画は始まってんじゃないの?

>本気なら企画した講談社や徳間書店とは縁切りになってもおかしかないぞw

BLACKからライダーは講談社から小学舘に移ったね。まあそれとは関係ないとは思うけど
913: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/29(木) 11:20:10.27 ID:Wxlj52wJd
>>911
ブラックは石ノ森氏がサンデーにマンガ
描いてた関係で小学館に。
ただRX途中から他の雑誌にも掲載解禁に
なったのがよくわからん
914: どこの誰かは知らないけれど 2018/11/29(木) 11:23:36.41 ID:Wxlj52wJd
>>877
1号世代が特撮卒業の時期だったからな
ただゴレンジャーのヒットで先延ばし
されただけ
918: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/01(土) 19:10:47.77 ID:U7BlVDpqK
>>877
>>914
けどあの当時って1次ブーム世代の特オタはゴレンジャーとかスパイダーマンとかを由緒正しい特撮作品だとは認めてなかったんじゃないの?
あの世代のオタはウルトラですら2期シリーズは見下してたのが普通だったんでしょ?
ファンコレとか見るととにかく1期ウルトラを神格化&絶対視してる感じだもの
2期ウルトラですら幼稚なガキ向けみたいに思ってたんだから、ゴレンジャーやスパイダーマンみたいな東映の変身物系なんて論外であって
自分達の言う特撮作品の範疇じゃなかったのでは
929: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/03(月) 17:54:42.97 ID:boxRAmuJK
スパイダーマンも変身というのとはまた違うし、この頃になると従来の変身みたいな物があまりかっこよくなかったのかもしれないね
スカイは平成ライダーみたいに強化スーツにして、それをちゃんと描写した方がよかったかも
930: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/03(月) 18:39:11.09 ID:sbBXft1Q0
この頃、流行っていた代表的アニメは「まんが日本昔話」「世界名作劇場」を始めとする、この手の類似作品だ。
特に2次終了になるストロンガーの後番組にまんが日本昔話が復活するのは時代を象徴する出来事であろう。
この時代はつまらない特撮ヒーローものが衰退し、本当の意味で良質な子供番組のアニメが沢山放送されていたんだ。
東映はこの流れに気が付いていたのだろうか?
「ゴレンジャー」のヒットで勘違いしてしまっていたのではないだろうか。
今まで通りのヒーローを興行の柱で「東映まんがまつり」を進め、「〜まつり」をジリ貧にさせたのではないか。
その後、ジャパニーズヒーローのネタ切れからk、アメコミの「スパイダーマン」まで借りてきて特撮番組にしがみつくw
932: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/03(月) 19:24:07.51 ID:xfp/6+Nt0
>>930
特撮番組嫌いな人がここで何してるの?
933: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/04(火) 09:06:17.57 ID:sKRD490/0
>>929
スパイダーマンはわざわざチャック閉めるカットまで入れなくていいだろと思った
936: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/04(火) 22:26:28.52 ID:qTvNg7hv0
>>933
初期の戦隊もチャック上げるシーンがよく写ってたっけ。
改造人間じゃないってことを強調したいんだろうね
938: どこの誰かは知らないけれど (JP 0Hff-wUjA) 2018/12/05(水) 13:00:09.93 ID:6U2SxP5SH
>>936
BFJのミスアメリカの交替シーンでチャック上げるシーンがある
940: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/05(水) 16:06:09.19 ID:sHrWyj5t0
>>932
君の好きな特撮は着ぐるみキャラクターショー?w
951: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/06(木) 18:41:16.87 ID:TjeVlJw60
タイガージョーはいまでいうとベジータだな。
死んじゃったけど。
記憶がいまいちだが、風雲ライオン丸でタイガージョー出てきてたと思ったが、、、
生き返ったのかな?
952: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/06(木) 20:00:29.41 ID:c2a2M732d
>>951
弟で名を虎錠之進(先代の兄は錠之介)
もっとも、設定上の便宜的なもんに近く
主人公からは『錠之介』と呼ばれることも(w)
953: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/06(木) 23:42:08.10 ID:2cBXNqAWK
>>952
初登場時に本人が錠之進と名乗ったきりで獅子丸からはずっと錠之介と呼ばれていたはずw
仰るように便宜的なものですね
だいたい風雲自体が快傑の明確な続編ってものじゃないしパラレルみたいなものだったから
956: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/12(水) 22:21:55.10 ID:V8cpL2a30
つーかピープロって1次2次で結構なヒット作出してたのに、なんで3次ブーム期には何もしてなかったの?
この頃にファンコレも出てるし、そこでもシルバージャガーとかいう新企画打ち出してたから潰れてたわけじゃないでしょ
社長は漫画界を中心にそれなりに人脈も持ってたはずだよね
なんでこのチャンスを生かせなかったのか
959: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/13(木) 13:43:13.27 ID:eBxwngUgd
>>956
シルバーがコケて
ビデオ主体で商売始めたから。
同時期スチールやら色々マニアに
売りつけてたから金策の一環だったんだろうな
963: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/13(木) 23:08:06.32 ID:7z0IEnFT0
>>956
3次は特撮の場合、ウルトラ、ライダーの2大看板の新作と共に80年に終了。
これではウルトラ、ライダーに劣る過去の特撮ヒーローは続けない。

アニメの場合は別。ドラえもんから藤子系作品の復活が続いたことから、
リメイク流行りが特撮と違って続いた。
971: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/18(火) 06:09:34.37 ID:1nxGUpleK
ほかの井口作品よりは遥かにマシだったし、制作条件良いとは思えないわりに質が高かった。
屁で飛ぶ場面なんか要らなかった。
972: どこの誰かは知らないけれど 2018/12/18(火) 12:44:41.97 ID:s7QimpiY0
>>986
うしおそうじの息子・鷺巣詩郎が社長で、
スタジオ・カラーという庵野秀明が作った会社が版権管理してるらしい

>>971
ブルーレイで観直したら板尾じゃなくて若大門の俳優のまま、
真面目にやって欲しかったな〜って思ったり
973: どこの誰かは知らないけれど 2019/01/05(土) 08:18:51.12 ID:zHkk02gWK
>>972
じゃあまだピープロ自体は存続してたんだね

ザボーガーやライオン丸あたりはちゃんとリメイクしたら今でも絶対かっこいいと思うのに、なんでいつもストレートに作らず外した作りにするんだろうか
986: どこの誰かは知らないけれど 2019/02/09(土) 12:00:58.12 ID:az47+LHb0
ジョーニアスはSFアニメの影響を受けたウルトラマンだけど
80は基本的には第2期の続きだよな
987: どこの誰かは知らないけれど 2019/02/13(水) 17:25:46.04 ID:JMYf1Dzg0
原点回帰がコンセプトにある。
スカイライダーも同じ。
989: どこの誰かは知らないけれど 2019/02/13(水) 19:05:54.75 ID:3hvnRDftK
>>987
でもライダーが空を飛ぶ位ならまだしも学園物ってのは原点回帰にしては新機軸すぎじゃない?
それだけ金八ブームが凄かったんだろうけど
990: どこの誰かは知らないけれど 2019/02/13(水) 20:19:21.89 ID:IPejvkWqd
>>989
金八つうより教師ドラマだったよ
ただ、ブームってほどでもない
金八自体が熱中時代や夕日が丘といった日テレ教師ドラマの人気に当てたもんだったし

80が教師設定になったのはTBSの要望
これは明らかに金八の影響(桜ヶ丘中学って校名で露骨w)
原点回帰ならむしろ前作のザ☆ウルの方が濃厚だよ
アニメだからわかりにくいが、ウルトラマンを人類にとって未知の存在にしてたり
怪獣の特性を活かそうとした展開で顕著
原点回帰なら人間のマイナスエネルギーなんて抽象的な方には絶対走らない
実写特撮ということで、デザインは初代を意識してるけどもね
992: どこの誰かは知らないけれど 2019/02/13(水) 23:22:28.91 ID:JMYf1Dzg0
>>990
デザインこそ原点回帰の象徴だと思うのだが。
設定はSFブームという背景からSFネタを色濃くしたと考えるべきでしょ。

スカイもそれまでのライダーに比べ1番バッタ顔してる。
空飛ぶのはスーパーマンの影響もあるだろうが、実際バッタは羽根が生えていて空飛ぶ。
引用元:https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/rsfx/1484078587
おすすめ